NEW

新潮が「安倍ベッタリの暴行記者」を追撃、さらなる問題も? ダメージは麻生副総理へ

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

「山口氏は、いわば麻生氏が安倍首相のもとに送り込んだスパイのようなものです。TBS記者時代から山口氏は安倍首相と昵懇の間柄だったといわれますが、本当に食い込んでいたのは警視庁の中村格氏と麻生氏、そして菅義偉官房長官なんです。安倍政権もいつかは終わる--。それを見越して、総理に返り咲きたい麻生氏が山口氏を利用して官邸中枢の情報を吸い上げていた。菅氏もポスト安倍を見越して山口氏の“スパイ活動”を黙認していた。ですから、重要なネタ元を失った麻生氏のダメージは決して小さくないと思います」

 それにしても、人間としてもジャーナリストとしても、これほどまでにバランスを欠いた山口氏を、なぜテレビ局は重用してきたのか。逮捕状握り潰し問題と同様、そこにも何か裏があるとにらむ向きも多い。
(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合