NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『あなたのことはそれほど』が『昼顔』ほど支持されない理由…「心より体」の不倫に疑問

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一方、『あなそれ』は、心の動きよりも行動ベース。会ってすぐにホテルへ行って不倫、嘘をついて温泉旅行。あるいは、パートナーの裏切りを知った夫が異常な行動を繰り返すなどの行動ばかりがフィーチャーされ、心の動きはあまり伝わってこない。「心より行動」、ひいては「心より体」という優先順位なのだ。さらに、夫・涼太の異常な行動を過熱させるほど、その傾向は強まっていく。

 実際の不倫が「心か体か」はさておき、より多くの人が視聴するドラマで成功を収めたいのなら、女性の心を丁寧に切り取ったものでなければ難しいだろう。もし制作サイドの頭に「原作漫画がそうだから」という自主規制が働いているとしたら、あまりにもさびしい。

『あなそれ』の波瑠はもっと評価されるべき

『あなそれ』は今後どうすれば、『昼顔』のように共感と話題を集められるのか。

 前述したように、「冷静に見守る」リアルではなく、「妄想を抱かせる」ファンタジーの要素を高めれば、その可能性は上がっていくのではないか。

 思えば『昼顔』は、映像の美しさと音楽のインパクトを追求することで、ファンタジーの世界観を高めていた。美しい自然の中で密会する紗和と北野、アトリエで激しく抱き合う乃里子と修(北村一輝)、ダイナミックな劇中歌とセクシーなエンディングを覚えている人は多いだろう。

 同様に『あなそれ』も映像や音楽の改善で、ある程度のファンタジーを生み出せるはずだ。「この女、絶対にあり得ない」ではなく、「私がもし美都だったら……」と考えたくなるような展開に期待したい。

 最後にひとつ。『あなそれ』は、いろいろ言われることも多いが、波瑠にほとんど非はないと擁護しておきたい。それどころか、バッシングを受けやすい現代において、経験のない難役に挑む姿勢は、もっと評価されてしかるべきと感じている。
(文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト)

●木村隆志(きむら・たかし)
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』(フジテレビ系)、『TBSレビュー』(TBS系)などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』(TAC出版)など。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

『あなたのことはそれほど』が『昼顔』ほど支持されない理由…「心より体」の不倫に疑問のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事