NEW
青木康洋「だれかに話したくなる、歴史の裏側」

「元号」の真実…「明治」はくじ引きで決定?「昭和」は予定外?

文=青木康洋/歴史ライター
【この記事のキーワード】

, , ,


 はたして、来年発表される新元号名は何になるのだろう。インターネット上では、早くも予測する動きが見られるが、我々が推理した新元号名を出せば出すほど、それは候補から外されていく可能性が高い。

 過去には、大正から昭和に改元される直前の「光文事件」がある。大正天皇崩御直後に東京日日新聞が「元号制定『光文』と決定」と報じたが、実際に発表された元号は「昭和」だったため、世紀の大スクープのはずが一転して歴史的大誤報となってしまったのだ。真相をめぐっては諸説あるが、事前に報道されてしまったために急遽、次点扱いだった「昭和」が正式採用されたともいわれる。

「平成」の次に来る新元号は、18年8月頃に発表予定である。
(文=青木康洋/歴史ライター)

関連記事