富家孝「危ない医療」

抗がん剤勧める医師、なぜ自身ががんに罹ると使用拒否?「時間無駄」「つらい副作用」


 ただし、「抗がん剤は効果があるのか? ないのか?」に関する広範な調査は、日本では行われたことがないので、医師は疑問を感じながらも使い続けている。もちろん、医療ビジネスにとって抗がん剤はドル箱のひとつなので、このような調査には非協力的だ。

 国立がん研究センターは2007~08年に同中央病院を受診した患者のデータから、抗がん剤使用の有無による効果の差を調べたことがある。その結果、進行した肺がんで、74歳以下では抗がん剤によって生存期間が伸びたのに対し、75歳以上では大きな差はなかった。ただし、75歳以上で分析できたのは19人と少なかったので、汎用的な科学的データとはいえない。
 
 しかし、多くの医師は経験からいって、高齢者の進行がんに抗がん剤は無駄と知っている。延命効果はないうえ、患者を苦しめるだけだと知っている。すでに、日本以外の先進国では、高齢者のがん治療は「延命治療」ではなく「緩和医療」に移っている。がんを患った患者さんをいかに穏やかな死に導くかが、終末期治療の最大のテーマになっている。

 ところが日本では、医師は患者さんの家族に対し、「もう穏やかに死なせてあげてください」などととても言えない。メディアもまた、最後の最後まで「できる限りの治療」をすることを求める。「高齢者は早く死ねばいいのか」「人の命を医師の判断で終わらせていいのか」などというキャンペーンをはる。

 このような偽善、“エセ”ヒューマニズムがある限り、無駄な抗がん剤治療はまだ続くだろう。
(文=富家孝/医師、ジャーナリスト)

関連記事
編集部イチオシ企画
Pick Up News

RANKING

連載

ビジネス

総合

SNS