NEW
宇多川久美子「薬剤師が教える薬のリスク」

日焼け止め、その強力な毒性…皮膚がんの恐れ、精子減少や脳への悪影響が動物実験で判明

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康な肌を保つために

 私たちの皮膚は常に生まれ変わっています。通常の日焼けであれば、正常なターンオーバーが促され、健康な肌の状態を保つことができるはずです。

 そこで大切なのは、食生活と睡眠です。野菜中心のバランスの取れた食生活と、十分な睡眠で代謝を促してください。

 私たち黄色人種は、白人と比べて皮膚がんに罹るリスクはかなり低いです。白人のデータを鵜呑みにして日焼け止めを必要以上に塗ることは、上記の弊害も含め、皮膚だけでなく内臓にも、慢性的なダメージを与えてしまいます。

 日焼け止めを必須アイテムと考えるのではなく、塗るメリットとデメリット、塗らないメリットとデメリットを、よく考えてみてください。

 ちなみに、筆者は以前、SPFの高い日焼け止めを毎日せっせと塗っていましたが、今は市販の日焼け止めは一切使わなくなりました。しかし、無防備というわけではありません。日焼け止めは使わずにできるだけ紫外線を防ぐ対策をしています。

 日中出かけるときは、帽子と日傘は必須ですし、できるだけUVカット加工の長袖の服を羽織るようにしています。目からも紫外線を入れないように、サングラスも使っています。帽子はもはや私のコレクションになっていて、その日のファッションによって楽しく使い分けています。夏の日差しの強い時でも、普段の紫外線対策はこれで十分だと思います。

 私の体感では、紫外線防止効果の高い日焼け止めを使っていたころより、肌は今のほうがかさつきもなくしっとりしていると思います。

 そして紫外線の強い季節は果物・野菜を多めに摂り、肌のターンオーバーを促すビタミン・ミネラルを補給しています。ビタミンDもしっかり摂れるように、鮭などの魚やきのこ類もしっかり食べるようにしています。

 一昔前は「小麦色の肌が健康的」といわれていましたが、今は美白ブームです。オゾン層の破壊が問題になって以降、紫外線や日焼けのデメリットばかりがクローズアップされているように思います。

 しかし、白い肌を維持していても、「ビタミンD不足で骨粗しょう症になり寝たきり……」といった事態になってしまっては意味がありませんから、日焼け止めはよく考えて使いましょう。
(文=宇多川久美子/薬剤師・栄養学博士)

『薬剤師は抗がん剤を使わない』 日本人の2人に1人はがんになるという時代において、抗がん剤は果たして有効なのか amazon_associate_logo.jpg

日焼け止め、その強力な毒性…皮膚がんの恐れ、精子減少や脳への悪影響が動物実験で判明のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事