NEW

自民党離党の若狭勝議員、「自民党の闇」を決意の告発…加計・森友問題の本質

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

――就任から約1年の小池都知事については、いかがでしょうか。

若狭 一部のマスコミや政治家は「小池都知事は劇場型。敵をつくり、対立軸を鮮明にして有権者に訴える手法だ」という言い方をしますが、私はそうは思いません。あえて敵をつくっているわけではなく、自然の流れだと思います。

 今は「新しい政治」に向かう過渡期ですから、必然的に「しがらみ政治」との対決となります。そのため結果的に、内田茂・前自民党都連幹事長ら執行部や石原慎太郎元都知事などは敵対する関係にならざるを得ない。この構図を理解しなければ、都知事選、小池都知事が支援する現職が勝利した千代田区長選挙、都議選の結果の本質には何があるのか、理解することはできません。

 しかし、分析を行わない自民党は「自分たちの選挙戦術が悪かったから負けた」とは思っていない。「小池勢力の勝利は、あくまで一過性のもの」という認識でした。それが、都議選の敗北にもつながったわけです。

――自民党都連の新会長として、執行部側には丸川珠代・五輪相を推す声があります。一方、非主流派には小池都知事に近い鴨下一郎元環境相を推す声もあります。

若狭 自民党都連執行部が新会長に丸川五輪相を推しているのは、丸川さんであれば、コントロールできるからと思っているからだと思います。それは、まさしく「小池さんが都知事になると、都連のコントロールができない」と判断したために増田氏を推した理由と同じです。つまり、自民党は大敗したにもかかわらず「しがらみ政治」を続けようというわけです。

「当選○回」を金科玉条にする自民党の問題点

――古き「しがらみ政治」からの脱却に期待する国民は多いと思います。翻って「新しい政治」は、どのようなものになるのでしょうか。

若狭 まず、「しがらみ政治」を正すためには政治の手段を変えていく必要があります。カネのかかる選挙はやめなければなりません。選挙にカネがかかれば、政治にもカネがかかります。

 また、自民党の問題点は「当選○回」というのを金科玉条のように掲げていることです。そうなると、議員は次の選挙に当選することしか考えなくなってしまう。選挙に当選するためにはカネがかかるので、政治パーティーを開いてパーティー券を購入してもらう……という流れでしがらみが生まれてしまいます。今こそ、この流れを断ち切るべきです。

 私は、それぞれの分野を極めた民間の方々が、もっと選挙に出て当選すればいいと思います。そして、そうした方々が要職に就くようなシステムができれば、国会はだいぶ活性化されると思います。

『参謀力 -官邸最高レベルに告ぐ さらば「しがらみ政治」- 元東京地検特捜部検事・政治家の闘い』 自民党“離党”の「真相」と権力の「不正」を全告白。小池百合子都知事と挑む! TOKYOの「巨悪」、政権中枢「利権」「圧力」、そして「日本の深い闇」を暴く!! amazon_associate_logo.jpg

自民党離党の若狭勝議員、「自民党の闇」を決意の告発…加計・森友問題の本質のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事