NEW

石破茂、次期首相就任シナリオ…「官僚の反乱」で安倍政権潰し先鋭化、稲田防衛相辞任に成功

【この記事のキーワード】

, , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 28日、稲田防衛相はPKO日報問題の責任を取るかたちで辞任することを表明した。

 そんななか、安倍政権側の「ワンチャンス」となるのが衆院解散だ。8月の内閣改造後の解散が、アドバルーン的に報道されている。

自民党総裁としての任期を迎える来年9月に近づけば近づくほど、安倍首相の政治的選択肢は減少していきます。打つ手がなくなり、レームダック化することだけは避けたいでしょうから、そうすると電撃解散の現実性は決して低くないと考えます。

 というより、秋や8月に解散が行われる可能性があると考えられていて、それを嫌がるグループがいるからこそ、マスコミにリークする動機が生まれるわけです」(同)

 都議選では、都民ファーストの会という絶好の受け皿が存在したが、国政レベルでは何の用意もされていない。小沢一郎・自由党代表は、既存野党が結集する「オリーブの木構想」を持論としているが、民進党以上に共産党が加わることに対する反発も少なくない。

「今、衆院を解散して選挙を行えば、自民党が勝つ可能性はきわめて高いでしょう。野党の準備がまったくできていませんからね。そうすれば、自民党内の安倍降ろしを封じることができる。有権者はドン引きかもしれませんが、勝てばポスト安倍への期待もしぼむでしょう」(同)

 すでに、先回りするかたちで「ご乱心解散」や「ちゃぶ台返し解散」などのニックネームも流布しつつある。「勝てば官軍」と居直っても、解散を選択せずに低姿勢に徹しても、安倍首相を待っているのは茨の道に違いない。
(文=編集部)

石破茂、次期首相就任シナリオ…「官僚の反乱」で安倍政権潰し先鋭化、稲田防衛相辞任に成功のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事