NEW

『ONE PIECE』、記録的制作費で実写化!『ドラゴンボール』の悪夢は防げるか

文=編集部

「さらに、トゥモロースタジオ側はこのイベントのために『テレビシリーズ史上最も制作費が高い作品になる』とコメントを寄せていました。具体的な金額には触れませんでしたが、相当な金額に上りそうでした」(同)

 とはいえ、「週刊少年ジャンプ」連載の人気漫画がハリウッドで実写化、さらに1億ドルともいわれる高額な制作資金を費やしながらも、盛大に大コケした『DRAGONBALL EVOLUTION』の印象も強いが、尾田のコメントは「ファンを絶対に裏切らない事」を条件として挙げ、さらに「漫画のファンが納得できる芯の部分がしっかり備わっているというところもチェックしていきたいと、ガッツリと映像制作に関わりそう。

『DRAGONBALL EVOLUTION』公開直前、原作者・鳥山明は「もしかしたら現場のパワーで大傑作になっているかもしれませんよ!」と、どこか他人事のようなコメントを寄せていたことを考えると大きな違いで、この姿勢ならばファンも期待できるかも。

 なお、尾田氏の印象を問われた中野編集長は、「尾田先生と親交の深い人を担当したときに聞いた話と前置きしつつも『原稿が始まると寝ない、ご飯を食べない、それぐらい極限の状態で描いています』と言っていました」(前出のワイドショー関係者)と、ストイックに仕事に取り組んでいるよう。この上、さらに仕事量が増えて体調は大丈夫なのか不安にもなるが、この尾田の熱量が、ハリウッドにも旋風を巻き起こすことを期待したい。
(文=編集部)

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合