「とはいっても、最近のローラさんはCMタレント、ショーモデルでの活動で十分稼げていました。広告に関していえば大手広告代理店にローラさんを推すチームがあるし、ファッションショーでも彼女を支持するプロデューサーがいる。万が一、現在の所属事務所が今後の芸能活動を妨害してきたとしても、十分やっていけるだけの環境は整っています。移籍先には、先に辞めてしまったあるスタッフさんと共に行くという話も出ているようですから、すでに怖いものなしなのでしょう」(テレビ局関係者)

 一方、前出と別の芸能関係者は、今後“元サヤ”に戻る可能性もまだゼロではないと予測する。

「一連の報道では、昨年の事務所の推定売上8億円のうち9割がローラ関連だったと、詳細な金額が明かされています。事務所としてはドル箱であるローラさんを手放したくはないでしょうし、現在の2〜3倍のギャラを提示するなどすれば、まだ元サヤに収まる可能性も残されているかもしれません」

 また明るく笑いを誘うローラをテレビで目にする日はやってくるのか。その日がそう遠くないことを願いたい。
(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ