NEW

「卵子凍結」は、将来の出産のための“保険”となりうるか?

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

「卵子凍結」は、将来の出産のための保険となりうるか?の画像1Photo by Arne Hjorth Johansen from Flickr

 政府が、女性の出産開始年齢を早め、出生数を増やすために始めた“「卵子の老化」キャンペーン”では、老化した卵子の映像とともに、女性は年をとるほど妊娠しづらくなるということが繰り返し唱えられた。

 その結果、にわかに脚光を浴びるようになった生殖技術が「卵子凍結保存」である。

 妊娠がしづらくなる原因が「卵子の老化」ならば、若い卵子を採取して凍結しておけばいい、ということになる。子宮は卵子ほど老化が顕著ではない。母親が子宮に疾患のある娘の代理母になって出産することができるのは、このためである。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

Instagram: @businessjournal3

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

「卵子凍結」は、将来の出産のための“保険”となりうるか?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!