NEW
山田修「間違いだらけのビジネス戦略」

豪華客船クルーズがブーム…1泊1万円で食事も多彩なイベントも無料、毎日寄港地でツアー

文=山田修/ビジネス評論家、経営コンサルタント
【この記事のキーワード】

, ,


――クルーズを提供している船会社としては、主なところにはどんな会社があるのですか。

澤田 カーニバル・コーポレーションというアメリカの会社が大きいですね。同社は近年、同業大手のプリンセス・クルーズを買収して年商を1兆円としました。主な船社としては、世界に50社くらいでしょうか。

――大きな船というと、どのくらいのものが就航しているのでしょう。

澤田 カリブ海に就航しているロイヤル・カリビアン社が22万トン、お客様が8,000人搭乗という船を3隻就航させています。

――スタッフ、乗員を含めると、1万人もの人たちが移動するわけですね。「セイルするホテル」どころかもはや「セイルする町」ではないですか。私の先日のクルーズ中に、あるオフィサー(船の上級船員)と話したのですが、「クルーズを本当に楽しむなら、もう少し小ぶりの船のほうがいいかもしれない。小さな船だと、参加者とクルーたちが最後にはファミリーのようになるんだ。キャプテンと順番にディナーを共にしたりすることもある」と言っていました。

澤田 ヨーロッパでいえば、リバークルーズなどがそれに当たると思います。ライン川やドナウ川を50から100名程度のお客様で行き来する、というクルーズです。寄港地ではそれぞれの町のお城や地域のお祭りなどのツアー(エクスカーション:遠足)があります。

――エクスカーションはオプション、つまり客が選べる、そして有料ですね。私たちも寄港地に着くたびに何かのエクスカーションに参加しました。

澤田 そして結局、お金を使われるわけですね。

――クルーズの中での物価は高いのか、安いのか。食事やイベントは無料のものが多いのですが、スパやらワインやらお店やらは結構な価格ですね。プロのカメラマンが多数乗り込んでやたら写真を撮ってくれて、きれいに修整した引き伸ばしをその日のうちに展示してくれるのですが、買い取るとなると1枚20ユーロ(約2,500円)取られました。何枚も買ってしまいました(笑)。

澤田:実はクルーズの参加費以上を乗船中に消費なさる方が多いですね。

――立派なカジノまでありました。

澤田 公海上を行く場合は、ギャンブルは規制されません。

 次回は、急成長するクルーズビジネス業界での、ベストワンクルーズ社の立ち位置、大きな可能性を持つ同社の成長戦略をうかがう。
(文=山田修/ビジネス評論家、経営コンサルタント)

※本連載記事が『残念な経営者 誇れる経営者』(ぱる出版/山田修)として発売中です。

【山田修と対談する経営者の方を募集します】
本連載記事で山田修と対談して、業容や戦略、事業拡大の志を披露してくださる経営者の方を募集します。
・急成長している
・ユニークなビジネス・モデルである
・大きな志を抱いている
・創業時などでの困難を乗り越えて発展フェーズにある
などに該当する企業の経営者の方が対象です。
ご希望の向きは山田修まで直接ご連絡ください
選考させてもらいますのでご了承ください。

豪華客船クルーズがブーム…1泊1万円で食事も多彩なイベントも無料、毎日寄港地でツアーの画像3撮影=キタムラサキコ
●山田修(やまだ・おさむ)
ビジネス評論家、経営コンサルタント、MBA経営代表取締役。20年以上にわたり外資4社及び日系2社で社長を歴任。業態・規模にかかわらず、不調業績をすべて回復させ「企業再生経営者」と評される。実践的な経営戦略の立案指導の第一人者。「戦略策定道場」として定評がある「リーダーズブートキャンプ」の次の期が8月から開講。1949年生まれ。学習院大学修士。米国サンダーバードMBA、元同校准教授・日本同窓会長。法政大学博士課程(経営学)。国際経営戦略研究学会員。著書に 『本当に使える戦略の立て方 5つのステップ』、『本当に使える経営戦略・使えない経営戦略』(共にぱる出版)、『あなたの会社は部長がつぶす!』(フォレスト出版)、『MBA社長の実践 「社会人勉強心得帖」』(プレジデント社)、『MBA社長の「ロジカル・マネジメント」-私の方法』(講談社)ほか多数。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事