NEW

あの回転寿司チェーン、なぜ客が離れてしまった?某コンビニのおにぎりがウマくなった理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もっともおいしく寿司を食べられる方法

 桶や皿の上に1人前分をまとめて握って提供する場合は、少し強くしゃりを握っています。また、回転寿司でベルトコンベアの上をしばらく回す場合も、崩れないように固めに握っています。お土産用や出前用の寿司は、さらに固く握ります。

 カウンターで一貫ずつ食べる場合よりも、ランチの1人前を食べたほうがおいしくない、お土産はさらにおいしくないと感じるのは、口に入れた時のしゃりのほぐれ具合の差です。

「回転寿司はしゃりロボットを使用しているからおいしくない」と言う方がいますが、おいしくない原因は寿司ロボットだからではなく、適温の寿司飯を柔らかく握っていないからです。

 ある大手コンビニのおにぎりが、ここ数年でとてもおいしくなったと思いませんか。かつてのコンビニおにぎりは、白いプラスチック製の型にごはんを入れて、押しつけてつくっていましたが、現在は手のひらで包み込むように、ベルトコンベアの上でおにぎりの形に成形しています。

 外側がしっかり成形され、中がふわっと柔らかいおにぎりになっているのです。おそらく、寿司ロボットもさらに改良されて、ふわっと握れるようになる日も近いと思います。

 どうすれば、口に入れた時に酢飯がほぐれるように握れるか、日々研究している寿司店をぜひ見つけてみてください。
(文=河岸宏和/食品安全教育研究所代表)

HP 「食品工場の工場長の仕事とは」主催
Twitter https://twitter.com/ja8mrx
facebook http://www.facebook.com/ja8mrx
著書 http://astore.amazon.co.jp/koujyou-22?_encoding=UTF8&node=0

あの回転寿司チェーン、なぜ客が離れてしまった?某コンビニのおにぎりがウマくなった理由のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事