NEW

もはやサラ金のほうがマシ…貧困層を食い物にする銀行カードローンが破産者を量産している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野放図になってしまった銀行カードローンの実態


――思った以上に根が深く、解決に至るまでには時間がかかりそうです。まずは、どこから手をつければいいのでしょうか。

宇都宮 まずは、銀行にも改正貸金業法と総量規制を適用すべきです。銀行とサラ金は業態別に法規制が行われていますが、2006年の改正貸金業法の際には、銀行が今のような無担保カードローン事業に乗り出すことは想定されていませんでした。

 銀行、カード会社、サラ金に対しては、業態別の規制だけではなく統一的な規制が求められます。野放図になってしまった無担保カードローン事業を規制する法律が必要です。

 一方、銀行は自主規制をうたっていますが、サラ金も当初は自主規制で解決しようとしたものの、それでは解決しないということで最終的に改正貸金業法の制定に至ったという経緯があります。

 しかしながら、銀行に対する規制を強化しても根本的な解決には至りません。申し上げた通り、日本は貧困と格差が拡大しています。貧困をなくすためのセーフティーネットの強化が国や自治体には求められます。

 私は「反貧困ネットワーク」の代表世話人を務めていますが、貧困は多重債務の問題ともリンクしているため、これらの問題解決に努力していくつもりです。
(構成=長井雄一朗/ライター)

もはやサラ金のほうがマシ…貧困層を食い物にする銀行カードローンが破産者を量産しているのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、カードローン借金多重債務消費者金融自己破産貧困銀行の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事