歌舞伎や落語、小説や映画など、大昔から創作物で描かれた場所を訪れるという観光客は存在していた。それが「聖地巡礼」として脚光を浴び始めて以降、アニメの聖地として成功を収めた自治体もあれば、うまく結果に結びつかなかった例もそれぞれ存在する。

 作品が人気を獲得するのが大前提としてあるが、話題になった“聖地”は、観光名所や名物、それに伴う宿泊施設や土産処なども多かったり、観光地としてもともとポテンシャルが高いところばかり。そのうえで作品の魅力や客層を、出迎える自治体や地元商店などが理解し、訪れるファンと友好的な関係を築けるようになると、より聖地として魅力が高まるのだろう。

 なお取材に対応してくれた市民生活部賑わい創出課のご担当者(女性)は、『ヤマノススメ』推しキャラはここな。「ここなちゃんには、男女を問わず見ている人のハートをわしづかみにする魅力がありますよね」とのこと。作品理解度もバッチリであった。
(取材・構成=編集部)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合