NEW

治りにくい「水虫」を完治させる方法…家族が水虫になったら?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

足の爪に入り込む「爪白癬」で歩行困難に

 白癬菌が足の爪に入り込むと「爪白癬」になる。これまで爪白癬は、飲み薬でしか治療できなかったが、2014年に「クレナフィン」という薬が、また16年に「ルコナック」という薬が認可された。どちらも爪白癬用の塗り薬だ。

 特に高齢者の場合、免疫力が下がることもあって水虫にかかりやすいという調査結果が出ている。文京学院大学の藤谷克己教授の研究によると、爪白癬の罹患率は一般成人では9%だが、65歳以上の人では55%だったという。履いていた靴下を培地にこすり付けた後、2週間培養することで白癬菌の有無を判断する調査。

 高齢者が爪白癬にかかると歩行困難の原因にもなり、生活の質(QOL)の低下に直結すると、警鐘を鳴らしている。

 高齢者が歩行困難になったら、「認知症」や「寝たきり生活」へまっしぐらだ。同居している家族も、高齢者の足を観察して疑わしかったらすぐに病院へ行き水虫治療をさせよう。

 また、家族に水虫の人がいたら、使うタオルは共用しないほうがいい。普通に洗濯すれば白癬菌は洗い流されるので、別々に洗う必要はない。掃除も同じだ。水虫の人の角質が剥がれ落ちれば、そこに白癬菌が確実にいる。それらは掃除をして、除去するようにしたい。
(文=ヘルスプレス編集部)

※ 初出/健康・医療情報でQOLを高める「ヘルスプレス」

治りにくい「水虫」を完治させる方法…家族が水虫になったら?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事