NEW

パチンコ出玉規制、タブーの「出玉調整」横行でパチプロが稼げない?中小ホールが壊滅的に?

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「現在、ほとんどのパチンコホールはデジタルの回転数を調整するための釘調整をしています。この釘調整は違法とされており、取り締まりも行われていますが、現状ではまだまだ横行しています。

 これが封入式になればホールも釘に触ることができなくなり、機械的に出玉調整ができるようになる。釘調整は偶発性が高く、どんなに調整してもムラが出ることがありました。それを封入式や設定の導入でしっかりと管理できるのであれば、ホールとしては経営がやりやすくなるかもしれません」(同)

 客側とすれば、どの台も同じ回転数なら攻略要素がなくなってしまい、設定任せの“運ゲー”になってしまう。微妙なストローク調整(ハンドルの強弱など)といったテクニックで稼いでいたプロが活躍する場もなくなってしまうかもしれない。

パチンコ業界を衰退させる警察庁の思惑


 パチンコ業界にとっては苦しい結果となりそうな今回の規制だが、この“改悪”の陣頭指揮を取っているのは警察庁だ。パチンコ業界と警察は一蓮托生で、パチンコ業界には警察OBの天下りが多いともいわれている。なぜ、警察側が自らの利権であるパチンコ産業を衰退させるようなまねをするのか。

「今回の規制はギャンブル依存症を減らすための対策という大義名分があります。依存症対策はカジノ解禁に向けての大きな課題といわれており、警察としても力を入れざるを得ないのです」(A氏)

 とはいえ、日本におけるカジノの管轄は国土交通省が管理する行政機関が行うとされており、カジノ利権は警察には流れていかない。

「業界関係者の間では、『警察庁のなかでパチンコを管理する生活安全局のトップが、自分の着任中に成果を出そうとして規則改正を持ち出したんじゃないか』と噂になっています。

 それに、警察の天下り先は金融業や保険業も多く、パチンコ業界のことはさほど重視していないという見方もあります。『社会問題化して叩かれるぐらいなら、目立たないように規制してしまおう』ぐらいにしか考えていないのかもしれません」(B氏)

 根本的にグレーな存在のパチンコ業界だが、健全化を目指すことをあきらめ、より目立たぬ存在となって生き延びるしかないのだろうか。タバコと同じで、どんなに値上げしようが好きな人はやり続ける……。警察やパチンコ業界がこういう考えなのであれば、これからもギャンブル依存症が減ることはないだろう。
(文=清談社)

【※1】
パチスロ機は法規改正によって更新される。現在の5号機は規則改正後は違法機となるため6号機に移行する

【※2】
完全密閉型のパチンコ機。釘調整が難しいとされる

パチンコ出玉規制、タブーの「出玉調整」横行でパチプロが稼げない?中小ホールが壊滅的に?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ギャンブルパチスロパチンコホール規制の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事