NEW

“BL”伏線も回収した『おんな城主 直虎』、菅田将暉の名セリフにぐうの音も出ず

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「それはそなたらのような武骨者しかおらなかったからではないのか」としれっと言い放つ。裏を返せば「自分は美少年」と言っているに等しいが、菅田に言われるともっとも過ぎてぐうの音も出ない。その後家康に「結局色小姓ということにしたのか」と言われ、これまたしれっと「面倒になりまして」と言ってのける万千代。出世のために使えるものは何でも使うという精神が貫かれていて、ある意味爽快である。

 一方、直虎については井伊谷の植林事業を完遂したという功績が描かれたものの、万千代との絡みは相変わらず少ない。むしろ、脚本が意図的に直虎と万千代のかかわりを回避しているように見える。直虎は直接万千代と連絡を取らず、常に人を介してメッセージを伝えるのみ。井伊谷安泰のためには井伊家の再興などないほうが良いと信じる直虎と井伊家再興に情熱を燃やす万千代の間には深い溝があり、そのわだかまりが薄れる気配は一向にない。

 万千代が実質的な主役になってからのストーリーは好評ではあるが、現状では直虎から万千代が何かを受け継いだ、もしくは学んだという要素はほとんど感じられない。対立している現状が最後に和解することの伏線だとしても、そろそろ関係改善の兆しが見えてきても良い頃ではないだろうか。
(文=吉川織部/ドラマウォッチャー)

“BL”伏線も回収した『おんな城主 直虎』、菅田将暉の名セリフにぐうの音も出ずのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、おんな城主 直虎柴咲コウ菅田将暉視聴率の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事