NEW

ついにトランプ大統領が緊急事態を宣言!腰痛などの薬が原因で大量の中毒死

文=編集部、監修=三木貴弘
【この記事のキーワード】, ,

痛みを取る方法はほかにもある

 日本でも今後、オピオイド系鎮痛薬の入手が簡単になれば、アメリカのように中毒者が増える可能性は十分にある。それを避けるためにはどうしたらよいだろうか。

 ひとつは、慢性的に生じている疼痛への対処を、薬に頼らないことが挙げられる。「慢性疼痛」には、いくつもの有効な手段のエビデンスが世界中で報告されている。

 たとえば、運動は慢性疼痛に対して一定の効果があることがわかっている。また、ヨガや瞑想も慢性疼痛には効果的である。それらには当然、副作用はない。

「痛みが強い」「症状が長引いている」……。このような場合でも、効果の高いといわれる薬に安易に手を出してはならない。薬が入手しやすい社会だからこそ、強い作用のある薬を飲み続ければアメリカのように「オピオイド中毒」が増え、日本人の健康は損なわれる危険性がある。医師や薬剤師のアドバイスをきちんと受け適切な量の投薬を守ることと、投薬だけに頼らない“痛みへの対策”が必要だ。
(文=ヘルスプレス編集部、監修=三木貴弘)

※ 初出/健康・医療情報でQOLを高める「ヘルスプレス」

情報提供はこちら