NEW

松坂大輔、事実上「戦力外通告」で引退濃厚…年俸3年12億円で「0勝」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FAのイチロー、日本球界復帰の可能性は?

 また、メジャーではマイアミ・マーリンズがイチロー選手との契約を更新しないことを発表した。フリーエージェント(FA)となったイチロー選手は、日米全球団との交渉が可能となる。

「マーリンズとの再契約や古巣であるシアトル・マリナーズへの復帰という可能性もわずかながら残されていますが、こちらも状況は厳しいと言わざるを得ません。44歳のメジャー最年長野手を獲得する球団が現れるかどうか、年内どころか1~2月までわからないでしょう。

 マーリンズは、イチローのニューヨーク・ヤンキース時代の同僚であるデレク・ジーター氏が最高経営責任者(CEO)に就任し、チーム改革を断行しています。お互いをプロフェッショナルと認め合うジーターCEOの誕生はイチロー残留に追い風かと思われましたが、新体制で契約を更新しないということは、こちらも事実上の戦力外といえます。

 かねて『50歳まで現役が目標』を公言しているイチローですが、それはあくまでメジャーでのプレーを前提としているという見方が大半です。たとえメジャーからのオファーがなかったとしても、日本球界復帰の可能性は皆無でしょう。

 かつて、松井秀喜氏が未所属のまま開幕を迎えて、シーズンが始まってから移籍先が決定したことがありました。イチローも、同じような境遇になる可能性があります。それは、そのまま移籍先が決まらなければ事実上の引退となることを意味します」(同)

 去就が注目されたヤンキースの田中将大投手は、契約を破棄してFAとなる権利を行使せずに残留することを表明した。一方、ニューヨーク・メッツを解雇された青木宣親選手はFAとなり、日本球界への復帰も取り沙汰されている。今オフは大物選手の動向から目が離せそうにない。
(文=編集部)

松坂大輔、事実上「戦力外通告」で引退濃厚…年俸3年12億円で「0勝」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事