NEW

清宮幸太郎、「斎藤佑樹の二の舞」の懸念…囁かれる「致命的弱点」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DeNAから大化け選手が出る?


 他球団のドラフトを見てみよう。

 ロッテが外れ1位で指名した安田尚憲(履正社高等学校)のほうがバッターとしての能力は高いとみる向きも多い。安田が目標とするのは、日本球界を代表するホームランバッターの松井秀喜だ。本塁打王を狙うと公言している。

 広島東洋カープが、中日ドラゴンズと競合した末に1位で交渉権を獲得した中村奨成(広陵学園広陵高等学校)は、キャッチャーとして強肩で俊足。広島は清宮のような足の遅い選手を嫌う。また、会見での受け答えを聞いた限りでは、中村は清宮よりはクレバーだ。バッティングに大きな穴があるが、広島の猛練習に耐えて欠点を修正できれば、捕手として1軍で試合に出られる可能性もある。早ければ2年目からだろう。

 読売ジャイアンツ(巨人)は、清宮に続いて村上宗隆(九州学院高等学校)も東京ヤクルトスワローズとの指名争いで破れ、中央大学の鍬原拓也を指名したが、リリーフ専門程度にしか期待できないという辛辣な見方もある。投手なら、中日が指名した鈴木博志(ヤマハ)のほうが数段上だ。巨人はほかに岸田行倫(大阪ガス)、大城卓三(NTT西日本)と2人の捕手を指名した。育成選手でも広畑塁(立正大学)と小山翔平(関西大学)という2人の捕手を指名している。4人もキャッチャーを獲得した意図はどこにあるのだろうか。現在の正捕手である小林誠司に不満があるのならば、トレードに出して代わりに打てる外野手を獲得したほうがいいのではないかと冷めた意見も関係者からあがっている。

 阪神タイガースは、6人指名したうち4人が投手だ。1人でも一本立ちしてくれればとの思いがあるのだろう。

 横浜DeNAベイスターズは、スカウト陣がしっかり調査したのだろう。立命館大学の東克樹投手を単独で1位指名した。同投手は、関西学生野球リーグで2度の無安打無得点を達成している。今永昇太、濱口遥大に続き3年連続で大学生左腕を1位指名となったが、両投手はいずれも1軍で活躍している。2位指名の外野手、神里和毅(日本生命)は足と肩がウリで、大化けする候補のひとりだ。掘り出し物となるかもしれない。

清宮幸太郎、「斎藤佑樹の二の舞」の懸念…囁かれる「致命的弱点」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ドラフト会議北海道日本ハムファイターズ清宮幸太郎の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事