NEW

清宮幸太郎、「斎藤佑樹の二の舞」の懸念…囁かれる「致命的弱点」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリックスはアマチュアナンバー1左腕との呼び声が高かった田嶋大樹(JR東日本)を西武と競合の末、射止めた。1年目から先発ローテーション入りを期待されており、本人も「2ケタ勝利して新人王を獲る」との目標を公言している。2位も最速151キロで完投能力のある鈴木康平(日立製作所)を指名した。オリックスは今シーズンも投手陣の弱さに泣いただけに、先発陣のテコ入れをしたかたちだ。田嶋はオリックスの山岡泰輔と親しく、ドラフト前夜に山岡に「オリックスに行ったらよろしくお願いします」と伝えたというが、その通りになった。奇縁というしかない。

高校野球未経験者が育成枠でロッテへ


 埼玉西武ライオンズは田嶋を抽選で外した後、投手の斉藤大将(明治大学)を指名した。3位で獲った伊藤翔(四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックス)のほうが潜在力は高いと評判だ。與座海人(岐阜経済大学)は、おもしろい存在になる可能性を秘めている投手だ。岐阜経済大出身者で初のプロ野球選手となる。

 東北楽天ゴールデンイーグルスは、外野手の岩見雅紀(慶應義塾大学)を2位で指名した。ヤクルトのウラディミール・バレンティンのような大砲候補だが、少々太り過ぎの懸念がある。トレーニングで体重を絞れば代打では使えるだろうが、走力に問題があるため外野の一角を占めることができるかどうかは未知数といえる。

 福岡ソフトバンクホークスは、3度抽選を外した末に吉住晴斗(鶴岡東高等学校)という無名に近い投手を1位指名した。スカウトがきっちり能力を調べた結果の指名だろう。うまくいけば、今年のドラフトの最大の成果になるかもしれない。

 中日は、前述したようにヤマハの鈴木を1位指名した。抑えで使うつもりだ。「1年目から40セーブを挙げるくらいがんばりたい」と本人は意気込んでいる。球も速く、いい抑えの人材を得たかもしれない。

 話題は東京大学のエース左腕、宮台康平を日ハムが7位で指名したことだ。6人目の東大出身プロ選手だが、同大出身者で過去に成功した選手は少ない。栗山監督が神宮球場まで足を運んで宮台の試合を見ていたので「指名するかもしれない」といわれてはいたが、案の定7位で指名した。育成選手ではなく、きちんとドラフトで処遇したあたり、日ハムは義理堅いといえる。東大法学部卒の投手に敬意を表したのかもしれない。

 ヤクルトが1位指名した村上は、九州でNO.1のスラッガーだ。強肩強打の捕手で、1年生の夏から甲子園に出場し、4番を任された。掘り出し物の可能性が高い。巨人と楽天も清宮争奪戦に敗れた後に1位指名した逸材で、3年目あたりにヤクルトの正捕手になれるかが勝負だ。

 育成枠では、10球団が合計32人を指名した。ソフトバンクは6人も獲った。育成4位で早稲田大の大竹耕太郎(投手)、6位で新潟アビレックスBCの渡辺雄大(投手)などだ。

 ロッテは育成1位で独立リーグ、ルートインBCリーグ富山の和田康士朗外野手を指名した。高校では陸上部で、野球部に所属したことがない異色の存在だ。社会人のクラブチームでプレーした後、富山で腕を磨いた。50メートル走で6秒を切る俊足が魅力だ。高校野球を経験していない選手が1軍でデビューすれば、初めての快挙かもしれない。
(文=編集部)

清宮幸太郎、「斎藤佑樹の二の舞」の懸念…囁かれる「致命的弱点」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ドラフト会議北海道日本ハムファイターズ清宮幸太郎の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事