NEW

『おんな城主』市川海老蔵の“サイコパス信長”が伏線回収、直虎もようやく表舞台へ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 なぜなら、徳川家が直面したこの事態はかつて井伊家に降りかかった難題とそっくり同じだからだ。井伊家は直親(三浦春馬)と政次(高橋一生)が無実の罪を背負って犠牲となることで命を長らえた。直虎が井伊家の再興に異を唱えるのは、無実の人間の命を差し出してまでお家を存続させなければならない武家のあり方に疑問を感じたから。一方、万千代にはそれがわからない。だが今回、偉大な主君と思っていた家康が信長には逆らえず、お家存続のためには我が子の命までも奪わなければならない現実を目の当たりにした。この経験は、万千代の心境にどのような変化を与えるのだろうか。

 信康自刃事件が本作で取り上げられることは序盤から予想されてはいたが、井伊家の歴史と重ね合わせる形で「武家を存続させるのはきれいごとで済まない」という一貫したテーマを描く形になるとは思わなかった。直親や政次の死が、終盤に描かれる信康と瀬名の悲劇的な死の壮大な伏線になっていたとは恐れ入る。次週は直虎もこの事件に巻き込まれていくようだ。このままフェードアウトしていくかと思いきや、最終盤に再び直虎にスポットを当てる森下佳子脚本、さすがに一筋縄ではいかない。
(文=吉川織部/ドラマウォッチャー)

『おんな城主』市川海老蔵の“サイコパス信長”が伏線回収、直虎もようやく表舞台へのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、おんな城主 直虎柴咲コウ菅田将暉視聴率の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事