NEW

激ウマで超人気のあのレストラン、実は全料理レンジでチン調理だった!包丁も一切使わず

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レンチン料理のデメリットは?

 同店ではガスコンロや包丁は使わず、すべてレンチン料理だが、そのことに対するお客の反響はどうだろうか。自身もホールで接客を務める教育担当の山本周平氏によれば、「レンチン調理と気づかない方も多い」という。

「(当店の料理は)お客さまに好評ですが、一般的には冷凍・チルド食品に対してマイナスイメージを抱く方が多いのではないでしょうか。母親が冷凍食品を食卓に出せば、『子どもに悪い』『手抜き』などと批判されることもありますよね。しかし、現在は保存料無添加の商品もありますし、味も一昔前と比べてレベルアップしています。私たちがあえてレンチンをコンセプトとして打ち出すことで、冷凍・チルド食品全体のイメージアップにもつながればうれしいです」(山本氏)

 これだけメリットが多いならば、業態をマネされるリスクは当然、出てくる。だが、同店でもこうした懸念は検討済みだ。料理だけでなくワインや接客にもこだわりをプラスすることでオリジナリティを創出しているという。

「ワインを劣化させずに使い切る、特別なサーバーを導入しています。そのため、通常はボトルでしか提供されない、オーパスワンのような高級ワインをグラスで提供することが可能になりました。

 サービス面では、担当制のオペレーションを導入しています。また、お客さまが『楽しい』『うれしい』と感じたら1枚100円のチップを購入していただくシステムを採用し、サービスの質の向上にも努めています」(同)

 さらに、アニメ『ウサビッチ』(MTV Japan)の監督などを務めた富岡聡氏にオリジナルキャラクター「レンチンくん」のデザインを依頼し、“レンチンの店”の元祖として印象付ける工夫をしている。

 従来、飲食店にとって冷凍食品や電子レンジの存在は、客には隠しておきたい秘密だった。しかし、デメリットだけでなくメリットも多く、これをうまく活用すればビジネスチャンスに変換できるということを同店は体現している。

 デメリットを払拭できるほどのメリットを見つけること、そしてそれを大きく訴えること。ここに、新しいビジネスのヒントが隠されているといえそうだ。
(取材・文=OFFICE-SANGA)

取材協力:Outgrow Japan
Bistro Ren-Chin!

激ウマで超人気のあのレストラン、実は全料理レンジでチン調理だった!包丁も一切使わずのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事