NEW

年収1000万円、上場会社勤務のエリートが不動産投資でカモられた話

新刊JP
【この記事のキーワード】, ,

 プロたちによる言葉巧みな営業によって、不利な状況に追い込まれていく須藤は、年収1000万円という高収入が災いした形で、どんどんカモられていく。では、どのようにしてその窮地を脱したのか? それは本書を読んでのお楽しみだ。

 ただ一つ言えることは、「何となく不安だから」「不労所得が欲しいから」というような曖昧な気持ちに、不動産営業はつけ込んでくるということである。なぜ、投資をするのか? どう回収していくのか? それを考えられていなければ、不動産営業につけ込まれてしまうかもしれない。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合