NEW

貴乃花親方の長男・花田優一がついた「嘘」が物議醸す

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 大相撲の横綱・日馬富士による暴行事件をめぐり、被害者である貴ノ岩の親方・貴乃花親方の言動が波紋を呼んでいるが、事件発生直後に当たる10月30日、貴乃花親方の長男・花田優一がラジオ番組『花田優一First Step』(TBSラジオ)で一般女性と結婚したことを発表した。おめでたい話題だが、メディア関係者の間では、これが物議を醸しているという。

 今年4月に「女性セブン」(小学館)が元幕内力士の陣幕親方の娘で大学時代にミスコン出場歴がある1歳上の女性との交際、結婚間近と報じられたことをきっかけに、インターネット上では“すでに結婚している説”などが浮上して話題になっていた。そんな最中、花田は8月に芸能事務所と契約して芸能活動を開始。10月3日に出演したイベントには、多くの報道陣が集まった。

 イベントで行われた囲み会見で花田は、交際報道について「みなさんが一番わかっていると思いますけど、ネットはネットなんですよ」「そんな暇はない」と全面否定。将来的な結婚観については「男はまず仕事をがんばることが一番なので、プライベートは自分でやっていて、いつか幸せな家庭を築ければいいなと思います」と語った。現場にいたマスコミ関係者は語る。

「あれだけキッパリ否定されたら、誰もそれ以上の追及はできません。かなり表情に動揺は見られましたが、囲みという取材自体が初めてのことなので、緊張や動揺は当たり前のことかなと思い、まさかウソをついているとは思いませんでした。自身の番組で発表したかったのでしょうが、芸能界では、返答できないことを直撃されたら、肯定しなくても“お茶を濁す”とか“煙に巻く”などして“否定しない”というのが最低限のルールです。きっぱり否定したのはマズかったと思います」

 また、花田家と親交のある芸能事務所関係者は言う。

「優一くんは、顔や細身な体形など見た目はお母さんの河野景子さん似で、イケメンですが、武骨な性格はお父さんの親方にそっくりです。周囲に愛想を振りまくタイプでもありません。本来、タレント活動をするような人ではないんです」

 では、そんな花田はなぜ芸能活動を始めたのだろうか。

「靴職人の収入は手間や時間がかかり、正直割に合わない仕事です。ほとんど趣味に近い。結婚して一家の大黒柱として稼ぐために、やむなく芸能活動を始めたようですよ。今でも肩書きは“靴職人”にこだわっていますし、周りにも『ミュージシャンだって、スポーツ選手だって、本業ではないけど、イベントに出演したりすることはある』と言って、あくまでもタレントではないことを強く主張しているぐらいですから。私には彼の気持ちが理解できますが、独自の考え方をしっかり持ち過ぎて、やや頑なところがあるので、周囲から多少なりとも反感を買ってしまう一面はあるかもしれません」

 もう少し“タレントとしての意識”を持ったほうがよいかもしれない。
(文=編集部)

貴乃花親方の長男・花田優一がついた「嘘」が物議醸すのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、日馬富士花田優一貴乃花の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事