NEW
新田ヒカル「気づいてますか?ケータイのこんな話」

スマホのストレージ空き容量を「ガバッ」と空ける簡単な方法

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3.アプリの再インストール

「1」でストレージを消費しているアプリを見つけ、「2」で紹介した方法を試そうとしても、「キャッシュをクリアする機能がない」「キャッシュをクリアする方法が見つからない」ということがあります。

 その場合、一旦アプリを削除し、再度ダウンロード(再インストール)することでキャッシュがクリアされます。また、キャッシュをクリアするのが面倒という人にも、この再ダウンロードという方法がおすすめです。この方法は、特に動画アプリ、音楽アプリなどでは、大きく効果をあげることがあります。

4.写真をバックアップ

 スマホで写真や動画をたくさん撮影する人は、これがストレージ消費の最大要因になっていることが珍しくありません。大切な写真ですから削除するわけにもいかないですよね。Androidであれば、SDカードを使ってパソコンにコピーすることができますが、iPhoneの場合どのようにすればよいかわからない人も多いのではないでしょうか。写真データのバックアップに、パソコン用ソフト「iTunes」を使う方法もありますが、もっと簡単な方法を紹介します。

 iPhoneとパソコンをケーブルで接続します。iPhoneをエクスプローラーでフォルダとして開きます。すると、iPhone内の写真や動画のファイルに直接アクセスできるので、コピー&ペーストで写真や動画をパソコンに保存します。パソコンに保存されたことが確認できたら、続いてiPhone内の写真・動画データを削除します。削除はパソコンのエクスプローラーでも簡単にできます。

 この方法は、スマホのストレージを確保する以外に、スマホの紛失や故障時にも写真を失わずに済むというメリットがあります。ただし、パソコンに保存した写真データの管理には気をつけていただければと思います。

5.写真による容量増加を防ぐ

 iPhone 6s以降の機種には「Live Photos」という機能があり、写真を撮る際、前後1.5秒が動画として保存されます。もしこの動画が不要であれば、オフにすることで容量増加を防ぐことができます。


 同じく写真を撮る際、「HDR」という機能があり、これがオンになっていると、通常の写真と別に、HDRという加工された写真が保存されます。ここで、HDRをオン時に、通常の写真は残さず、HDRのみを保存することによって、ストレージを半減させる方法もあります。設定方法は、

「設定」→「写真とカメラ」→「通常の写真を残す」→「オフ」

です。


 以上の方法を試すことで、きっと大幅に容量を空けることができますので、ぜひお試しください。ちなみに、最近はアプリが肥大していることから、もし新しい機種を買う時は最低でも32GB、できれば64GB以上をおすすめします。
(文=新田ヒカル/スマホ評論家、マネー評論家)

スマホのストレージ空き容量を「ガバッ」と空ける簡単な方法のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事