NEW

買ってはいけないハム…実は一番おいしい食べ方

文=河岸宏和/食品安全教育研究所代表
【この記事のキーワード】, , ,

 JAS(日本農林規格)マークが付いている商品は、確かにある程度は品質が保証されていますが、実はJASにもランクがあります。特級、上級、標準とあり、特級のハムは添加物、植物性タンパク、卵タンパクなどの異種タンパクを使用していないので、ロース肉本来の味を楽しむことができます。

 地方のメーカーではJASを取得していない場合があるので、一括表示の枠を確認し、「原材料名」の中に豚肉以外に、「植物性タンパク」「卵白」「乳タンパク」などのタンパク表示のないものを選びましょう。添加物使用の有無を気にする方がいますが、添加物が気になるのであれば、そもそもハム自体を食べないほうがいいと思います。

マスタードもおいしいものを

 ロースハムを食べる際には、必ず肉の線維に対して垂直になるように切りましょう。はじめのうちは垂直に切っている場合でも、ハムが小さくなってくると向きを変えて切ってしまう方がいるようですが、そうすると食べたときに食感が「もそもそ」としてしまうので、最後まで同じ向きで切りましょう。

 ロースハムは薄く切ってそのまま食べてもおいしいのですが、厚く切ってフライパンで焼いてマスタードをつけて食べると、ちょっとした“ごちそう”になります。マスタードも、チューブに入ったタイプではなく、粒マスタードをつけることをお勧めします。

 贈り物をする際に、マスタードもセットにすると、きっと相手の記憶に残るはずです。
(文=河岸宏和/食品安全教育研究所代表)

HP 「食品工場の工場長の仕事とは」主催
Twitter https://twitter.com/ja8mrx
facebook http://www.facebook.com/ja8mrx
著書 http://astore.amazon.co.jp/koujyou-22?_encoding=UTF8&node=0

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合