NEW

ドトールの2倍高い「星乃珈琲店」に客殺到の秘密…スタバやコメダにない極上のくつろぎ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「星乃珈琲店 HP」より

 高級喫茶店「星乃珈琲店」の勢いが止まらない。

 店舗によって価格が異なるが、たとえば東京・六本木店ではコーヒー「星乃ブレンド」の価格は 600円だ。ドトールコーヒーショップの「ブレンドコーヒー」Mサイズの価格は270円なので、2倍以上にもなる。つまり、星乃珈琲店は高級喫茶店の部類に属するといえる。消費者の節約志向は弱まる気配が見えないが、それでも星乃珈琲店は繁盛しているのだ。

 星乃珈琲店の1号店は2011年に埼玉県で誕生した。それから急速に店舗を増やし、現在は全国に約210店を展開している。

 星乃珈琲店を展開しているのは、ドトール・日レスホールディングス(HD)だ。同社はドトールコーヒーショップも展開しており、いわば両店は姉妹関係にある。ドトールで低価格帯市場を狙い、高価格帯市場を担うのが星乃珈琲店となる。両業態を使い分けて喫茶店市場の覇権を握ろうというわけだ。

 星乃珈琲店は高級喫茶店だけに、さまざまな点において「質」を重視している。

 まずはメニューがそうだ。メニューの内容は店舗や時期によって異なるが、六本木店ではパスタやドリア、オムライス、カレーといった本格的な料理を880〜1000円程度で提供している。一般的なコーヒーチェーン店のなかでは高価格帯の料理を提供しているほうだろう。

 ドトール・日レスHDは、パスタ専門店「洋麵屋五右衛門」やオムライス専門店「卵と私」、カレー店「天馬」など、さまざまなタイプの飲食店を展開している。それらで培ったノウハウを生かすことで、星乃珈琲店でも本格的な料理を提供できる。これは、スターバックス コーヒー(スタバ)やコメダ珈琲店などの競合にはない強みといえるだろう。

 内装の質も高い。豪華なシャンデリアで照らされた店内は落ち着いた雰囲気を醸し出している。革張りのいすは座り心地が良い。仕切りがついたテーブル席もあり、周囲の客を気にすることなく過ごすこともできる。とにかくお洒落でくつろげるところが特徴だ。

 くつろいで時間を過ごすことができるため長居客が多そうに思えるが、意外にもそういった客は少ない印象だ。もちろん、おしゃべりをして多少長い時間を過ごす客はいるが、勉強する客やパソコンを使って仕事する客は決して多くない。客が使用できる電源や専用無線LAN(Wi-Fi)を備えた店舗がないためだと考えられる。これは、スタバやコメダ珈琲店などの競合と大きく異なる点といえるだろう。

ドトールの2倍高い「星乃珈琲店」に客殺到の秘密…スタバやコメダにない極上のくつろぎのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、コメダ珈琲店スターバックスコーヒードトールコーヒー星乃珈琲店の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事