NEW

12月が勝負!保育園に「落ちない」ための完全対策マニュアル! 裏情報収集術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 老舗の口コミサイトでは、ベネッセコーポレーションが運営している「ウィメンズパーク」が有名だ。保育園以外の情報も含めて約4300万件という圧倒的な件数の口コミが掲載されている。ただし、たとえば東京・世田谷区の情報を見てみると、口コミが書かれている保育園は全保育園のうち約半分だ。投稿されている口コミの件数も、1~2件程度の保育園が大半。登録しなければならい情報数が多い点も面倒だ。

 クチコミの内容は、「この保育園の雰囲気」「この保育園の良いところ、オススメポイント」「この保育園でのすごし方や行事」「この保育園の設備」の4項目。保育園を点数で評価したり、順位づけはしていないので、口コミを読み込んだ上で、どんな保育園か判断する必要がある。偏った情報もあるので、口コミ数が少ない保育園についてはあまり参考にならないかもしれない。

 イトクロが運営する「みんなの幼稚園情報」にも、保育園に関する口コミが掲載されている。全国の幼稚園・保育園の口コミ4万4000件を掲載している。実際に東京都の保育園の口コミを見てみると、905園の口コミが掲載(11月現在)されているが、東京都の認可・認証保育園数は3189園なので、約3割の園に関する口コミしか掲載されていないことになる。こちらも「ウィメンズパーク」同様、口コミ件数が1~2件という保育園が多い。

 口コミは「総合評価」「方針・理念」「先生」「保育・教育内容」「施設・セキュリティ」「アクセス・立地」の6項目。それぞれの項目を5点満点で評価し、そのエリアにおける順位も掲載しているので、わかりやすい点は評価できる。

 東京限定だが、情報量が多いのは、「保育園まるごとランキング」だ。ネット企業のまくびーインターナショナルが運営している。「サービス力」「安心・快適性」「要望への対応力」「組織運営力」の4項目について、保育園を1000点満点で評価。各項目についての点数、同じ市区町村内での順位が掲載されているのでわかりやすい。東京都の保育園2100園以上をカバーしている。

「保育園まるごとランキング」は、東京都の保育園の多くが受けている「第三者評価」を活用。実際に保育園を利用している保護者らへのアンケートや、生の声を基にランキングを作成している。ただし、個別の保育園に関する具体的な口コミは少ししか掲載されていないのが物足りないところだ。

 保育園の実態を把握するには、最終的には、検討している保育園に電話をして見学を予約し、実際に保育園を見学し、職員の人と話して、保育園の考え方や運営方針を確認することが重要だ。施設をきれいにしているか、安全対策は十分か、子供たちが荒れていないか、などをチェックすべきだろう。

 都内の認可保育園は、11月末から12月にかけて申し込みが締め切られることが多い。保活を成功させるためにも、情報収集で周りを一歩リードしておきたいものだ。
(文=編集部)

12月が勝負!保育園に「落ちない」ための完全対策マニュアル! 裏情報収集術のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、ベネッセコーポレーション保育園入園活動待機児童問題の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事