NEW

日本調剤、社長の年間報酬は7億円…薬局は「儲けすぎ」なのか?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 折しも、調剤薬局チェーンでは調剤報酬制度を悪用した不正請求が相次いで発覚している。たとえばアイセイ薬局では、調剤報酬の基準をクリアするために、実際に薬を調剤した薬局とは別の薬局に社員やその家族の処方箋を送付し、送付先の薬局で調剤したものとして不正に保険請求するなどしていた。

 建前かもしれないが、非営利を原則とする医療法人と違って、民間企業である薬局は利益を得ることが最優先だ。そのため、「多額の公的資金が流れ込む医療の世界には、そもそもふさわしくない」という批判すらある。

「金額に見合うだけの効果が乏しい」「儲けすぎ」「不正が起きている」……数々の批判によって、18年度改定は調剤薬局にとって厳しい結果になるだろう。
(文=編集部)

日本調剤、社長の年間報酬は7億円…薬局は「儲けすぎ」なのか?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、医療日本調剤薬局診療報酬の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事