NEW

日馬富士暴行事件、貴ノ岩は「スマホ依存症」?スマホ依存で脳機能に障害が起きる可能性

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0~5歳のスマホ接触率は58.8%に

 いまや、中高生のスマホ依存は、大人が思っている以上に深刻な領域に突入している。

 スマホ依存の実態をルポした『スマホ廃人』(石川結貴/文春新書)によれば、さまざまなグループとLINEのやり取りをして、休日には連続10時間の操作を行い、数時間スマホを放置すれば未読メッセージが100件、200件と積もる女子高校生もいる。

 さらに、子育てにスマホが必須の現代では、乳幼児のときからスマホ漬けが始まっており、0~5歳のスホマ接触率は58.8%にも達しているという。

 どんなに現状を嘆いても、スマホのない時代には戻れない。いかに節度を持ってスマホと付き合うかが問われる今、生身の人間とのコミュニケーションを大切にすることが唯一の処方薬なのかもしれない。ところが、今や人と会うのもスマホを介さないと叶わないのだから、頭の痛い問題である。
(文=ヘルスプレス編集部)

※ 初出/健康・医療情報でQOLを高める「ヘルスプレス」

日馬富士暴行事件、貴ノ岩は「スマホ依存症」?スマホ依存で脳機能に障害が起きる可能性のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、スマホ依存症の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事