NEW

なぜ青森県人は短寿命?男性は滋賀より3年も平均寿命短く

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
滋賀県の観光パンフレットと小冊子

 男性トップは滋賀、女性トップは長野。男女とも最下位は青森――。

 これは厚生労働省が12月13日に発表した「2015年都道府県別生命表」による平均寿命だ。ここでいう平均寿命は、現在の0歳児の平均余命を指す。

 男女別の上位、下位は次のとおり。全国平均は男性80.77歳、女性87.01歳だった。

上位【男性】
(1)滋賀 81.78歳
(2)長野 81.75歳
(3)京都 81.40歳
(4)奈良 81.36歳
(5)神奈川 81.32歳

【女性】
(1)長野 87.675歳
(2)岡山 87.673歳
(3)島根 87.64歳
(4)滋賀 87.57歳
(5)福井 87.54歳

下位【男性】
(47)青森 78.67歳
(46)秋田 79.51歳
(45)岩手 79.86歳
(44)和歌山 79.94歳
(43)鹿児島 80.02歳

【女性】
(47)青森 85.93歳
(46)栃木 86.24歳
(45)茨城 86.33歳
(44)秋田 86.38歳
(43)福島 86.40歳

 男性部門で前回2位の滋賀がトップに躍り出たことが話題になっている。滋賀は女性部門でも4位に入った。
「長寿県」といわれている長野は、男性こそ2位に落ちたが女性は2回連続でトップ。逆に青森は男女ともに最下位で、「短命県」のレッテルを貼られそうだ。平均寿命の差は男性では滋賀と青森が3.11年、女性では長野と青森が1.74年となっている。

なぜ青森県人は短寿命?男性は滋賀より3年も平均寿命短くのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、厚生労働省平均寿命滋賀県長野県青森の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事