NEW
菊原智明「ワンランク上のビジネスパーソンを目指す!」

なぜトップ営業マンは絶対に愚痴らないのか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人によっては「不平不満を溜めると体に良くない。思いっきり吐き出したほうがいい」と言う人もいる。確かに一理ある。

 しかし、さんざん愚痴ってきた私の経験から言わせてもらえば、「不平不満はやたらと吐き出さないほうがいい」ということ。不平不満はネガティブだが、エネルギーであることには違いない。しかもその力は非常に強力である。このエネルギーを愚痴って垂れ流すのではなく、「この不満をお客様のための良い行動にぶつけよう」などポジティブな方向へその力を利用したほうがいいのだ。

 この話を聞いて、「そんなのは当たり前の話だ」と思った人もいるかもしれない。しかし、これができる人はそう多くない。私自身もマスターするまでに7年もの歳月を費やしてしまった。もっと早くネガティブなエネルギーをいい方向へ利用すべきだったと、つくづく思う。

失敗に感謝する


 その後、私は8年目にしてトップ営業マンになった。とはいえ、いいことばかりではない。ときには間違いなく契約になると思っていたお客様から「本当にごめんなさいね」とお断りされたりすることもあった。信じていたお客様からの断りのダメージは大きい。一瞬愚痴りたくなるが、ここはグッとこらえ、そのエネルギーを他のお客様のための行動にぶつけた。だからこそ、ほぼ落ち込まずにすみ、すぐに気持ちを切り替えることができた。

 失敗をエネルギー源として次の成功につなげていたのだ。

 知人の例をご紹介させてほしい。

 私が尊敬しているAさんとお会いした時のこと。ちょっと興奮気味に「うまい話に乗って痛い目にあいましたよ」と話してきた。話を聞けば被害額も大きく、何より精神的なダメージも大きい。にもかかわらず、「いやぁ~無知でした。今回高い授業料になりましたが、本当に勉強になりましたよ」と言っていたのだ。

 Aさんの話から“恨み節”はまったく感じられない。むしろ感謝しているような口ぶりだった。さらには「この経験を元にして一冊本でも書きますよ」と言う。本当にたくましい人だと感じた。

 仕事をしていれば、いいこともあるし悪いこともある。痛い目に遭った時、恨み節でいつまでも愚痴るか、それともそれをモチベーションにして飛躍するか。

 考え方次第でどうにでもなる。ネガティブなエネルギーを前向きな行動にぶつけた時、あなたの人生は必ずやいい方向へ向かうに違いない。
(文=菊原智明/営業サポート・コンサルティング代表取締役)

■参考文献
「疲れない心」の作り方

●菊原智明(きくはら・ともあき)
営業サポート・コンサルティング株式会社代表取締役

・営業コンサルタント
・関東学園大学 経済学部講師
・社団法人営業人材教育協会理事

●プロフィール
群馬県高崎市生まれ。工学部機械科卒業後トヨタホームに入社し、営業の世界へ。自分に合う営業方法が見つからず7年もの間クビ寸前の苦しい営業マン時代を過ごす。お客様へのアプローチを訪問から「営業レター」に変えることをきっかけに4年連続トップの営業マンに。約600名の営業マンの中においてMVPを獲得。

2006年に独立。営業サポート・コンサルティング株式会社を設立。現在、上場企業への研修、コンサルティング業務、経営者や営業マン向けのセミナーを行っている。また数多くの連載を持っており、ぐんま経済新聞へのコラム、ダイヤモンド・オンラインへの連載、士業関係への連載等を精力的に行っている。2010年より関東学園大学にて学生に向け全国でも珍しい【営業の授業】を行い、社会に出てからすぐに活躍できるための知識を伝えている。また社団法人営業人材教育協会の理事として営業を教えられる講師の育成にも取り組んでいる。2017年までに52冊の本を出版。ベストセラー、海外で翻訳多数。

主な著書に『訪問しなくても売れる! 「営業レター」の教科書』(日本経済新聞出版社)、『売れる営業に変わる100の言葉』(ダイヤモンド社)、『訪問ゼロ!残業ゼロ!で売る技術』(日本実業出版社)、『面接ではウソをつけ』(星海社)、『5つの時間に分けてサクサク仕事を片づける』(フォレスト出版)、『「稼げる営業マン」と「ダメ営業マン」の習慣』、『<完全版>トップ営業マンが使っている 買わせる営業心理術』、『残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則』(明日香出版社)などがある

営業サポート・コンサルティングHP (メルマガや無料レポートもあります)
【営業通信講座】HP
著者ブログ「住宅営業マン日記」

なぜトップ営業マンは絶対に愚痴らないのか?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、モチベーション営業マン愚痴の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事