NEW

今年、米国が東アジアで軍事攻撃か…干支「戊戌」で占う大胆予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このうち、越訴(裁判で敗訴した者の再審請求)の停止と御家人所領の売買および質入れの禁止について、同規定を廃止とした。また、文明10年(1478)には西国数カ国を支配した守護大名・大内政弘が徳政令を発している。

 さらに、天文7年(1538)には浅井亮政もまた徳政令を出した。近江の戦国大名として知られる浅井長政は、この亮政の孫にあたる人物だ。なお、同地は「日本開闢以来、土民蜂起是れ初めなり」と評された徳政一揆である、「正長の土一揆」が発生した場所でもある。

 いうなれば、戊戌は「徳政令」の季節である。金融、特に債権と債務に関する法制度の大きな改正が行われるかもしれない。

東京タワー、長嶋茂雄がデビューした戊戌

 最後に、少し明るい話題を。

 天平宝字2年(758)、東大寺大仏殿が完成する。天平勝宝4年(752)に開眼供養が行われた、「奈良の大仏」として知られる盧舎那仏像を安置するための仏堂である。また、昭和33年(1958)には東京タワーが竣工する。

 そこで、今年は「ひとつの時代を象徴するような建造物が完成する年」としたいところであるが、残念ながら現時点においてそのような予定は見当たらない。

 しかし同年、プロ野球界に長嶋茂雄という新星が現れる。さらに、翌年には王貞治がデビュー。同年の天覧試合で2人は揃って本塁打を放ち、以後も「ON砲」として巨人のV9時代を支えるなど、日本を代表する選手として活躍した。

 今年は大谷翔平選手のメジャーリーグデビュー、また清宮幸太郎選手のプロデビューが予定されているが、そのほかにも球界の至宝となるべき名選手が頭角を現すかもしれない。

 さて、歴史から「戊戌」の年のゆくえを占ってみたが、いかがだっただろうか。当たるも八卦、当たらぬも八卦。読者諸氏において、発展の年となる一助になれば幸いである。
(文=井戸恵午/ライター)

今年、米国が東アジアで軍事攻撃か…干支「戊戌」で占う大胆予測のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事