NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

岡村隆史の「最後の大暴れ」に期待?今年の「年男」、大谷翔平や櫻井翔ら圧巻の顔ぶれ

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】, , ,

 さらに同年生まれには、Sexy Zoneの中島健人、人気子役から見事に脱皮した須賀健太吉沢亮岡山天音ら若手俳優がいる。

圧巻の音楽業界…秋元康、小室哲哉、ASKAも年男

 高齢層に目を向けると、今年還暦を迎える1958年生まれには、芸術家肌のビッグネームがズラリ。なかでも、秋元康小室哲哉中村正人ASKA玉置浩二が名を連ねる音楽業界は圧巻であり、リリースとプロデュースの両面に期待がかかる。そのほかでは、演出家の宮本亜門、作家の東野圭吾、俳優では陣内孝則時任三郎辰巳琢郎布施博篠井英介らがいる。

 1946年生まれには、堺正章吉田拓郎中条きよし宇崎竜童美川憲一伊吹吾郎藤岡弘、西川きよしマギー司郎。1934年生まれには、田原総一朗財津一郎藤子不二雄A山田太一筒井康隆。いずれも各界のレジェンドだが、現役として活動している人が多く、節目の年でどんな動きを見せるのか興味深い。

“年女”編に続いて最後にひとり、私が期待している戌年生まれの俳優を挙げておきたい。彼の名は、1994年生まれの犬飼貴丈。2012年に『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを受賞し、2014年に昼ドラ『碧の海~LONG SUMMER~』(フジテレビ系)で俳優デビュー。その後、『ナオミとカナコ』(同)など7作の連ドラで経験を積み、昨年秋から『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系)でドラマ初主演を務めている。

 仮面ライダーシリーズといえば、今をときめく佐藤健、菅田将暉、福士蒼汰、竹内涼真らがブレイクのきっかけをつかんだ、若手俳優の登竜門。ここから朝ドラヒロインの相手役に抜擢されて全国区の人気を得た先輩が多いだけに、犬飼がその系譜を継ぐことになるのか、注目してみてはいかがだろうか。
(文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト)

●木村隆志(きむら・たかし)
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』(フジテレビ系)、『TBSレビュー』(TBS系)などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』(TAC出版)など。

情報提供はこちら
『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合