NEW

『anone』今期ベスト話題作の予感…懸念は『カルテット』二番煎じ感、脚本も俳優も秀逸

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そういう意味では、前日に第1話が放送された亀梨和也(KAT-TUN)主演の『FINAL CUT』(フジテレビ系)とは大違いで、ドラマの出来としては格の違いが際立っている。

 ただ、やや『カルテット』の二番煎じ感は否めず、第1話では重いシーンや特にハリカのツリーハウス時代の回想シーンなどファンタジー色の強い場面も多く、そうしたドラマを受け付けない視聴者が離れてしまったのではないかと懸念される。また、大衆受けを狙った『ドクターX』(テレビ朝日系)のようなドラマとは対極的な“視聴者を選ぶ作品”であり、“面白味”という点でも少し弱いという印象を持った。とはいえ、あくまで私個人の感想だが、『カルテット』も第1話では正直それほど心惹かれなかったが、回を重ねるごとにハマっていったという前例があるので、全体を通して期待できる作品だと思いたい。

 いずれにせよ、早くも今クールの連ドラのなかでは“話題作ベストワン”になる可能性を秘めた作品といえ、次回以降にも期待したい。
(文=米倉奈津子/ライター)

『anone』今期ベスト話題作の予感…懸念は『カルテット』二番煎じ感、脚本も俳優も秀逸のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、anoneカルテット広瀬すずの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事