NEW

フジテレビ、正月特番が視聴率3%台連発…スタッフの質低下で番組として成立せず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジテレビ
 年明けの芸能ニュースのなかでも話題をさらったのが、フジテレビの秋元優里アナとBSフジのプロデューサーによるダブル不倫疑惑だろう。なんと、横浜の竹林と堆肥小屋で車を停めて情事にふけっていたという。


 スキャンダルに揺れるフジだが、視聴率低下が叫ばれていることは周知の通り。2010年まで7年にわたって視聴率王者をひた走ってきたが、今や民放5局中まさかの4位だ。最下位のテレビ東京とは、朝・夕・深夜はともかく、ゴールデンタイムでは僅差でデッドヒートを繰り広げており、ときには敗れることもある。

正月特番が視聴率3%台でテレ東にも敗北…


 好スタートを切りたかったはずの年始も、フジは無残な結果を残した。

「1月1日の夜から、いきなり他局との力の差があらわになってしまいました。『ウルトラマンDASH・第1部』(日本テレビ系)が16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018お正月スペシャル』(テレビ朝日系)が19.6%と高視聴率のなか、フジの『ニッポンよ!セカイを倒せ!フジヤマ 日本のNo.1VS世界のNo.1』が3.8%の大コケを喫してしまったのです。

 この番組は、室内で空中遊泳を行う『インドアスカイダイビング』やドローンレースなど、日本と世界のチャンピオンが各種目で戦うバラエティですが、裏のテレ東『YOUは何しに日本へ?4時間20分スペシャル!』(7.3%)にもダブルスコアで負けるという惨状です」(芸能記者)

 4日に放送された『奇跡体験!アンビリバボー2018 新春3時間SP』も目も当てられない結果になった。1964年の東京オリンピックに向けた首都高建設プロジェクトに挑んだ人々の物語が放送されたが、視聴率は5.7%。裏番組の『プレバト才能ランキング』(TBS系)が13.5%、『秘密のケンミンSHOW新春4時間SP!』(日本テレビ系)は13.8%とハイレベルな戦いのなかでの、この数字。もはや、『アンビリ』はとっくに賞味期限が切れているのかもしれない。

「その後の夜10時からの『もろもろのハナシ~芸能人の街・中目黒 完全攻略スペシャル~』も3.5%。通常は深夜12時25分から放送されている番組ですが、これを年始のプライム帯に持ってこないといけないあたり、フジのソフト枯渇が見て取れます」(同)

番組&番宣手法にTBSからのパクリ疑惑も


 ソフトの枯渇という点でいえば、フジの番組には他局からのパクリ疑惑が浮上しているという。3日深夜に放送されたバラエティ『運命の一問』は、芸能人にあるチャレンジを課して1週間でマスターしてもらうチャレンジものだが、業界関係者はこう見ている。

「中身は、かつてヒットした『しあわせ家族計画』(TBS系)と変わりません。この番組は、一般のお父さんが家族がほしい景品獲得のために1週間、ハンドベルや投扇興などを習得し、スタジオで披露するというもの。芸能人だけの特別版もたびたびオンエアされていましたから、ここから着想を得たのでしょう」(テレビ業界関係者)

フジテレビ、正月特番が視聴率3%台連発…スタッフの質低下で番組として成立せずのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、フジテレビ奇跡体験!アンビリバボー正月直撃LIVE グッディ!視聴率の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事