NEW

顧客満足度1位のコンビニ・セイコーマートが関東進出!セブンを凌駕する激安&品揃え

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 まず、北海道限定のガラナとメロンソフトを購入してみる。見た目がコーラそっくりのガラナは、“本家”と比べてより甘みが強くコクがある。なんの味に似ているかの表現が難しいが、おいしいことは確かだ。


 次に、チキンたっぷりペペロンチーノ、和風豚焼きうどん、ナポリタンスパゲティ、豚肉とキャベツの塩焼きそばを購入。100円パスタはどれもボリューム十分だが、特にお得感が高かったのが、チキンたっぷりペペロンチーノだ。

「チキンたっぷり」という商品名の通り、100円とは思えないほどジューシーなチキンが惜しみなく入っていて、パスタにもしっかりコシがある。

 和風豚焼きうどん、ナポリタンスパゲティ、豚肉とキャベツの塩焼きそばも、しっかりと味付けされていて満足度が高かった。価格と量、濃いめの味付けを考えると、食欲旺盛な20代にうってつけだろう。

 あるいは、まとめていくつか購入し、家族や友人とバイキングのように食べ比べするのもいいかもしれない。

北海道民の郷土愛をくすぐる、セコマの商品開発

 実際に店舗を訪れてわかったのは、品揃えやコスパなどにおいて「セコマは大手3社のコンビニとは明らかに違う」ということだ。

 では、専門家はセコマの強みをどう分析しているのか。コンビニ研究家の田矢信二氏によると、セコマの顧客満足度が高い理由は「北海道民の郷土愛が少なからず関係している」という。

「ブランド総合研究所が昨年調査した『郷土愛ランキング』で北海道が1位になったことでもわかるように、北海道民には地元の食べ物を愛する風土が根付いています。その点をよくわかっているセイコーマートは、北海道産にこだわった商品開発を進めている。それが、顧客満足度1位につながった大きな要因だと思います」(田矢氏)

 北海道が地産地消に恵まれた土地柄であることに加え、「郷土愛ランキング」2位で同様に郷土愛が強いとされる沖縄県にはご当地コンビニがない。そのため、「セイコーマートがよりクローズアップされる傾向にある」と田矢氏は言う。

 また、セコマはほかのコンビニと比べて、より重要な生活インフラとして機能している側面もあるという。

「札幌や旭川、函館などの都市部を除くと、北海道では『最寄りのスーパーまで車で1時間かかる』といった場所も珍しくありません。そうした地域の人々にとって、品揃えが豊富なセイコーマートはスーパーに近い役割を担っているともいえます。これは、既存のコンビニとは一味違う強みです」(同)

 田矢氏によれば、セコマが埼玉や茨城に進出しているのは、「積極的に全国展開をしよう」と考えているわけではないという。

顧客満足度1位のコンビニ・セイコーマートが関東進出!セブンを凌駕する激安&品揃えのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事