NEW

元NHK登坂淳一アナがセクハラ事件を否定 「恋愛アプローチとセクハラ」の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

元NHK登坂淳一アナがセクハラ事件を否定 「恋愛アプローチとセクハラ」の違いの画像1
フジテレビ公式サイトより(登坂アナは写真中央)

 4月からスタートする『プライムニュース』(フジテレビ系)で夕方のメインキャスターを務めることが発表された元NHKの登坂淳一アナウンサー(46)のセクハラ事件を、発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。NHK時代は視聴者から「麿(まろ)」の愛称で親しまれていた登坂アナは、1月11日付でNHKを退職し、ホリプロに所属。16日に『プライムニュース』のメインキャスターに就任すると発表され、「新しく挑戦しながら元気の出る放送を温かくお届けしていきます!」と意気込みを見せたばかりだ。登坂アナ側は事件を否定している。

 「週刊文春」が取材した“被害女性の友人”によれば、登坂アナがセクハラ行為を働いたのは札幌報道局に赴任した約1年後の2011年6月。番組収録後の打ち上げ中、NHKの新人契約キャスターの女性(20代)に執拗なボディタッチを続け、女性がトイレに逃げると、追いかけた上でキスを迫り、胸などを触ったという。

 被害を受けた女性は悩んだ末、登坂アナの所業を札幌報道局に報告。登坂アナはNHKの局内調査に応じて事実関係を認め、上司から厳重注意を受けたと、関係者が証言している。その話は東京本局にも伝わり、NHK執行部が「登坂を今後、絶対に東京には戻すな」と激怒したことで、登坂アナは一度も東京に戻ることなく、局を去ったとされている。

元NHK登坂淳一アナがセクハラ事件を否定 「恋愛アプローチとセクハラ」の違いのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事