NEW

好感度1位のauのCM、「あの秘密」をauさんに直撃してみた

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「海の声」(au公式YouTubeチャンネルより)

 auのテレビCM「三太郎シリーズ」は、CM総合研究所が発表した2017年度の「BRAND OF THE YEAR 2017」(CM好感度1位)に選出され、2015年度から3年連続の受賞となった。桃太郎(松田翔太)と金太郎(濱田岳)、浦島太郎(桐谷健太)という、昔話でおなじみのキャラクターたちによるコミカルな掛け合いが人気を博している。

 CMキャラクターはさらに増え、桃太郎の妻にかぐや姫(有村架純)、浦島太郎が思いを寄せる乙姫(菜々緒)、子だくさんの鬼(菅田将暉)、そして昨年は乙姫とかぐや姫の妹・織姫(川栄李奈)が登場。金太郎と織姫が急接近するなど、今後の展開も見逃せない。

 そんな一連のストーリーも人気を集めているが、同シリーズのCMから多数のヒット曲が誕生していることも注目されている。アメリカ民謡の『オクラホマミキサー』を大胆にアレンジした『みんながみんな英雄』(AI)、童謡『ピクニック』をロックにアレンジした『やってみよう』(WANIMA)、そして大ヒットした『海の声』は、カラオケの定番曲として成長した。

 ほかにも、au のCMからは数々のヒット曲が誕生しているが、アーティストや曲調などは、どのように決められているのだろうか。auを運営するKDDIの宣伝部に聞くと、「使用する楽曲については、テレビCMのテーマに沿って、歌詞やアレンジの方向性について検討を重ねていきます」とのこと。それに合わせて、どのアーティストに依頼するかも検討していくという。

「『みんながみんな英雄』の際は、元の楽曲からは想像がつかない壮大なアレンジで、大きなメッセージを伝えること。そして、特別なひとなんていない、みんなが特別で英雄なのだということを伝えたいと考え、それにピッタリなAIさんにお願いしました。

『やってみよう』は、勢いのあるアレンジにしたいと思い、また『やってみよう』というメッセージを底抜けに明るく伝えたかったこともあり、WANIMAさんにお願いすることにしました。すでにWANIMAさんはブレイクされていますので、良いタイミングでお願いできたと思っています」(KDDI宣伝部)

『みんながみんな英雄』と『やってみよう』は、童謡などの原曲をアレンジしているが、これはテレビCMのテーマに沿うかたちで広告代理店からの提案により決まったという。

メッセージ性を前面に押し出す曲づくり

 人気アーティストを起用し、その楽曲がヒットすることは珍しくないが、桐谷健太がCMで演じる浦島太郎としてリリースした『海の声』は、近年では久しぶりに見るケースではないだろうか。俳優として活躍する桐谷が歌うことになった背景についても聞いた。

「桐谷さんはもともと歌がとても上手であることは、映画などでも存じていました。それに加え、インターネットには桐谷さんがご趣味として独学で三線を弾いている番組動画が掲載されており、『もうこれは浦島太郎が三線を引きながらラブソングを歌うしかない』と思い、企画しました。

“三線といえばBEGINさん”ということで、『島人ぬ宝』に合わせて歌詞をつくり、BEGINの島袋優さんにお願いして歌詞に合う新しいメロディーをつくっていただきました。そのため、実は『海の声』の歌詞は『島人ぬ宝』のメロディーでもほぼ歌えるんですよ」(同)

 auの公式YouTubeチャンネルでは、テレビCMをはじめ、CMから誕生した楽曲のミュージックビデオ(MV)などを公開している。『海の声』は9500万回、『やってみよう』は4700万回(1月31日現在)と、人気アーティストをしのぐ再生回数を誇る。

「多くのお客さまにご視聴していただいていることからもわかるように、大変大きな反響を得ております。テレビCMにとどまらず、楽曲配信プレゼント企画やカラオケでも配信されており、さまざまな接点で楽曲を楽しんでいただけていると思います」(同)

 次々とヒット曲を生み出す同シリーズだが、今年の正月、テレビCM『笑おう』篇では、新進気鋭のアーティスト、yonigeの『笑おう』が使われた。アメリカ民謡『聖者の行進』をアレンジした楽曲だ。

「とてもストレートなメッセージだからこそ、少し寂しい表情がうかがえるアレンジにしたいと思い、yonigeさんに依頼しました。笑いのそばにはすぐに泣きがある。だからこそ、心の奥に伝わるような曲になることを期待しました」(同)

 yonigeは10~20代を中心に口コミとSNSで大きな支持を広げ、YouTubeでもMVの総再生回数が1300万回を突破、同世代から大きな注目を浴びている日本語ロックバンド。年間100本以上のライブを全国各地で行い、昨年は数々の大型フェスにも出演するなど、今年はさらなるブレイクが期待される。

 この『笑おう』フルバージョンは、1月26日より「うたパス」で配信が始まった。また、ミュージックビデオがauオフィシャルYouTubeアカウントで公開されている。

 大企業ともなれば、誰もが知るアーティストに、いわゆる「売れ線」の楽曲制作を依頼することは難しくはないだろう。しかしauはCMイメージを明確にし、老若男女になじみのある楽曲をアレンジすることで、誰もが親しみやすいイメージを生み出すことに成功した。それが、ながらくCM好感度1位であり続けている秘訣なのかもしれない。
(文・取材=OFFICE-SANGA)

好感度1位のauのCM、「あの秘密」をauさんに直撃してみたのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、auWANIMA三太郎桐谷健太の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事