NEW

イノベーションはいかにして起きたのか。高知から世界の建設業界を変えた男の信念

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■死亡者は0。機械に対する真摯な姿勢がもたらすもの

 驚くべきことに、高知技研コンサルタント創業から現在に至るまで、一度も死亡事故、もしくは一生後遺症をもたらすような重大な事故を起こしたことがないという。

 これは技研グループの行動基準である「環境整備」と「M&M(Man & Machine)」を社員一人ひとりに徹底しているところが大きい。

 「M&M」とは“人と機械の融合”を意味し、機械や道具を大事にする姿勢を植え付ける。北村氏は「機械を身体の一部と思って使え」「道具や機械を人間の体の延長だと考え、大切に扱え」と言い続けているといい、その機械に対する真摯さが会社の風土を作り上げているのだろう。

 技研製作所は2017年6月30日、東証一部に上場した。これは高知県の企業にとっては3社目、銀行を除いては初となる快挙だった。

 「公害をなくしたい」という想いを原動力にスタートし、建設業界を変え続けた北村氏の道のりは、仕事をする全ての人間にとって大いに勇気を与えてくれるはずだ。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

イノベーションはいかにして起きたのか。高知から世界の建設業界を変えた男の信念のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事