NEW

E-1サッカー、優勝の北朝鮮に賞金支払わず…サッカー連盟、安倍政権の意向を考慮

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
E-1サッカー選手権で優勝した北朝鮮の女子チーム(写真:JFA/アフロ)
 平昌オリンピック開幕まで、あと数日。このままいけば、冬季五輪史上もっとも盛り上がりに欠ける五輪として記録されることになりそうだ。国際オリンピック委員会(IOC)もさすがに焦ったのだろう。またぞろ平和とスポーツの祭典にお得意の“政治”をねじ込んできた。北朝鮮の五輪参加と、女子アイスホッケーでの初の南北合同チームの結成だ。


 平昌五輪の女子アイスホッケーは、開催国枠で出場する世界ランク22位の韓国を含め、8チームが出場。1次リーグは世界ランク上位のアメリカなど上位4チームのA組、下位4チームによるB組の2つに分かれる。五輪初勝利を目指す日本はスイス、スウェーデンとともにB組に入り、2月14日の予選最終戦で韓国と対戦することが決まっている。

 韓国チームの出場枠は23人だったが、北朝鮮との合同チームを結成するため、チームエントリーは北朝鮮選手12人を加えた35人に膨れ上がる。しかし、試合ごとの出場エントリーは22人(ゴールキーパー2人、選手20人)のまま。北朝鮮選手の出場枠は1試合最低3人なので、なかには試合に出場できない選手も出てくる。

 友好ムードを演出することで少しでも大会を盛り上げようというのがIOCの狙いだが、オリンピック憲章には「スポーツと選手を政治的または商業的に不適切に利用することに反対する」と記されており、この精神に反すると言わざるを得ない。

北朝鮮への賞金不払いが波紋


 昨年12月、日本で行われたE-1サッカー選手権(東アジアサッカー連盟主催)でも、出場した北朝鮮選手団に対して賞金を支払わないという“政治的”な忖度が働き議論を呼んだ。

 E-1サッカー選手権決勝大会は昨年12月8~16日まで行われ、決勝には日本、中国、韓国、北朝鮮の男女計8チームが参加した。

 優勝賞金は男子が25万ドル、女子は7万ドルで、それぞれ4位まで賞金が出る。しかし、12月7日に行われた東アジアサッカー連盟設立15周年シンポジウムで、同連盟の田嶋幸三会長は「東アジア連盟として、今の国際情勢、国連決議などを踏まえて北朝鮮に賞金を支払わないことを決めています。(北朝鮮協会に)そう伝えています」と語った。

 しかし、「東アジア内の積極的な交流を図り、結束を深めることにより、地域内のサッカーを発展させるとともに、サッカーを通じた平和への貢献」をうたう東アジアサッカー連盟の設立目的には反しかねない。「賞金なしでも来たんだから問題ない」「呼んだ以上、賞金を払わないのはおかしい」「払わないなら呼ぶべきではない」など、インターネット上でも多くの議論を呼んだ。

 結果は男子が北朝鮮4位。女子は北朝鮮が優勝。女子は最優秀選手(MVP)、得点王、ベストディフェンダー、ベストゴールキーパーを北朝鮮が独占し、表彰式では優勝メダルを胸にした北朝鮮選手たちが手を突き上げ、満面の笑みで喜びを表した。

東アジアサッカー連盟の回答は?


 東アジアサッカー連盟(EAFF)に話を聞くと、以下のような回答が文書で寄せられた。

E-1サッカー、優勝の北朝鮮に賞金支払わず…サッカー連盟、安倍政権の意向を考慮のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、E-1サッカー選手権北朝鮮平昌オリンピック韓国の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事