NEW

アニメ『からかい上手の高木さん』×高木神社、異例のコラボで人気が国境を越え始めた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

――ツイッターのハッシュタグは「#高木さんめ」となっていますが、これも興味深いですね。

前川 「高木さん」にしてしまうと、ほかのツイートに紛れてしまう懸念があることに加え、西片くんがよく高木さんにからかわれた後などに「高木さんめ~!」と言うので、「それを使ってみよう」と。実は、公式サイトのURLも「http://takagi3.me/」となっており、ハッシュタグも合わせたかたちです。みなさん、ツイッターでのリアルタイム実況を楽しんでいるのを感じています。

――田中禰宜は、ご覧になっていますか。

田中 私もリアルタイムで楽しんでいますが、おもしろいですね。参拝客の方からも「昨日見ましたよ」とお声がけいただくことが多いです。ツイッターなどで「うちの近くだ」となって参拝される方も増えました。

――このアニメでは、高木さんが西片くんをからかう様子に視聴者がニヤニヤすることが多いと思いますが、その点はいかがですか。

田中 単行本のときと同じく、アニメでもニヤニヤすることが多いですね。

前川 高木さんと西片くんのやりとりや駆け引きが真骨頂ですが、多くの「からかい」エピソードを考えられている山本先生は「本当にすごいなぁ」と感心してしまいます。どんなふうに着想されるのかが気になりますね。

 見ていると、いろいろなことを感じます。「学生時代、こうだったらよかったな」という思いや、「西片、そこ代われよ」との思い。また、2人をほほ笑ましく見守るような感情もあり、さまざまなベクトルで楽しんでいます。私は男子校でしたから、特になのかもしれませんが(笑)。ただ、学生時代は誰もが経験しているため、幅広い世代に共感していただけるのではないかと感じています。


――田中禰宜も、学生時代は隣に高木さんがいてほしかったですか。

田中 いてほしかったですね。共学でしたが、隣に女子がいても話すことはなかったです。あのようなシチュエーションになることもなかったですから。西片くんが本当にうらやましいです。

『高木さん』ファンの中国人や韓国人も参拝


――今、アニメはさまざまなかたちでコラボを行うなど進化しています。今後は、どのような方向に進むのでしょうか。

前川 やはり、やみくもにコラボするよりも作品との関連性を持たせるほうがいいと思います。企業や自治体側と双方で、より高い熱量を持って取り組むことができれば、お互いに良い関係ができあがります。また、おそらくコラボというのは視聴者の方が納得しないと難しい。そういった意味でも、今回高木神社とコラボできたことはよかったです。

アニメ『からかい上手の高木さん』×高木神社、異例のコラボで人気が国境を越え始めたのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、からかい上手の高木さんアニメコラボレーション神社の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事