NEW
梅原淳「たかが鉄道、されど鉄道」

鉄道、1車両当たり年間で何キロ走行? 驚きの鉄道会社別ランキング

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 自動車、特に乗用車は年間に2万キロメートルも走れば、よく乗ったほうだといえる。営業車はというと、国土交通省の統計では2015(平成27)年度に乗合、貸切双方を合わせたバスの1台当たりの走行距離は4万420キロであったそうだ。

 鉄道に目を向けてみよう。本連載の前々回で1両当たり1億452万円(2015年度)と記した鉄道車両の年間走行距離や燃費は気になるところだ。これらは国の統計から容易に求められる。

 まずは年間の走行距離だ。2015年度に全国の鉄道事業者で車両が走行した距離の合計は98億5930万キロメートルである。この数値は自ら保有する車両が自らの路線を走った距離に加え、他の鉄道事業者の路線に乗り入れて走った距離も含む。同年度中に在籍した車両の平均両数は6万4501両であったので、車両1両当たりの年間の走行距離は15万2855キロメートルだ。自家用の乗用車ならば多くは廃車という距離をわずか1年で走り抜いている。

 車両1両当たりの年間の走行距離は鉄道事業者の形態によって異なるのであろうか。JR、大手私鉄、地下鉄の3形態別に求めてみた。

 JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州、JR貨物の7社から成るJRの車両1両当たりの年間走行距離は18万2828キロメートルと、全鉄道事業者の数値を上回る。各社とも広大な路線網をもつために距離が延びるのであろう。

 なかでも特に数値が大きいのはJR東海で、35万4212キロメートルにも達する。高速で走ることから、走行距離が延びやすい新幹線の車両の比率が高いからだ。国の統計では2015年度の同社保有の平均両数は3391両であったなか、同社によれば新幹線用の平均両数は全体の62パーセントを占める2119両であったという。

 JR東海は、2015年度に新幹線の車両だけが走行した距離を公表していない。少々古い数値を紹介すると、同社発表の2003(平成15)年度の走行距離は7億3718万キロメートルであった。この数値には山陽新幹線を保有するJR西日本の車両が東海道新幹線を走った距離も含まれ、反対にJR東海の車両が山陽新幹線を走行した分は含まれない。この点をご了承のうえ、7億3718万キロメートルを2119両で除すると、1両当たりの走行距離は34万7892キロメートルとなる。

鉄道、1車両当たり年間で何キロ走行? 驚きの鉄道会社別ランキングのページです。ビジネスジャーナルは、連載、JR東日本東京地下鉄鉄道車両の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事