NEW

「住みたい街ランキング」なぜ調査ごとに全然違う?本当に住みやすい街を選ぶコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 リクルート住まいカンパニーの運営する不動産情報サイト「suumo(スーモ)」で、『住みたい街ランキング2018(関東版)』が発表されました。このランキングでは「横浜」が1位となり、少々驚きをもって紹介されていました。

 毎年、不動産情報を扱うさまざまなサイトで「住みたい街ランキング」が発表されますが、似たような地域が上位に出てくるケースもあれば、まったく異なる地域が上位にランキングすることもあります。

 今回は、この「住みたい街ランキング」をどう見るといいのか、そして、実際どのように「住む街(駅)」を探したらいいのか、といったことを取り上げます。

統計情報は調査方法で結果が大きく異なる


 さまざまなメディアで発表される「住みたい街ランキング」は、各社それぞれ異なる調査方法でランキングが決められています。インターネット上のアンケートの場合もあれば、自社サイト運営上のデータを集計した場合もあります。

 そもそも統計データは、「いつ、誰を対象に、どのように」行ったかで大きく結果が変わってきます。

 そこで、簡単にランキングを比較してみましょう。今回発表されたスーモの『住みたい街ランキング2018(関東・総合)』と、昨年のランキング、さらにLIFULLが運営する「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」が発表した『2018年住みたい街ランキング(首都圏版)』の上位10位をまとめたものが以下の表です。



 結果だけを見ると、スーモの調査では17年と18年は、順位の違いはありますが同じような街(駅)の名前が挙がっています。一方、ライフルホームズのランキングでは順位も街(駅)も大きく異なります。

 ここで、表のランキングの調査方法を見てみると、スーモは17年と18年では調査方法を変えており、さらにライフルホームズは調査方法がまったく異なります。簡単に調査方法を比較してみると、以下のようになります。



 まず、スーモとライフルホームズでは、調査集計方法がまったく異なります。スーモでは単純に「住んでみたい街(駅)」を聞いた結果を集計している一方、ライフルホームズでは自社サイトの売買と賃貸に分けて問い合わせ件数を集計しています。

 スーモのアンケート方式であれば、物件購入時の予算や賃貸物件の家賃の予算といったものに関係なく、単純に住んでみたい街(駅)を選ぶことになるので、純粋に住んでみたいと思う知名度の高い街(駅)が上位に挙がってくることになるでしょう。

「住みたい街ランキング」なぜ調査ごとに全然違う?本当に住みやすい街を選ぶコツのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、スーモライフルホームズ住みたい街ランキングの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事