NEW

富士フイルム、ゼロックス買収に暗雲…「クリエイティブな手法」が裏目に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古森重隆会長兼CEO(写真:ロイター/アフロ)

 米ゼロックスの大株主の言動に富士フイルムホールディングス(HD)が揺れている。

 富士フイルムHDは1月31日、ゼロックスの買収を発表したが、「物言う株主(アクティビスト)」の2人の大株主が買収阻止に動いた。買収にはゼロックスの株主総会での承認が必要だ。富士フイルムHDの“ドン”、古森重隆会長兼CEO(最高経営責任者)と、投資家のカール・アイカーン氏による、ガチンコの闘いの様相を呈してきた。

「物言う株主」たちは、買収スキームそのものに批判の刃を突きつけた。買収スキームは、まず事業子会社の富士ゼロックスが金融機関から6710億円を借り入れ、富士フイルムHDから75%の自社株を取得する。第三者の専門家により富士ゼロックスの企業価値を9000億円弱と算定し、その75%は6710億円と算出した。この時点で富士ゼロックスは、ゼロックスの100%子会社になる。

 富士フイルムHDは、富士ゼロックス株の売却によって得る6710億円でゼロックスの第三者割当増資を引き受け、全体の50.1%の株式を握る。過半数の株式を握るために、ゼロックスは25億ドル(2750億円)の特別配当を実施し、第三者割当増資の1株当たりの価格を引き下げる。これによって6710億円で過半の株式が手に入るという高等なテクニックを駆使する。

 ゼロックスが既存株主に対して実施する特別配当の原資は、ゼロックスが金融機関から借り入れる。富士フイルムHDから金が出るわけではない。

 その後、富士ゼロックスはゼロックスと合併し、ゼロックスは富士ゼロックスに社名を変更、新会社の経営権は富士フイルムHDが握る。そして、富士ゼロックスが借り入れた6710億円を金融機関に返済する。

 社名変更後の富士ゼロックスはニューヨーク証券取引所の上場を維持し、取締役12人のうち7人を富士フイルムHDが指名する。ゼロックスの現在の時価総額は9000億円程度で、2014年秋から5割弱減少した。

 ゼロックス第3位の大株主で、NYの裁判所に買収手続きの差し止めを求めたダーウィン・ディーソン氏は、「実質的にタダでゼロックスを傘下に収める」仕組みと批判している。

 2月12日、ゼロックスの筆頭株主で著名な投資家のカール・アイカーン氏らは、買収に反対する声明を出し、ディーソン氏と共同で、20日にはゼロックスの株主に対し、「(富士フイルムHD以外の)競合他社との合併や身売り」「買収ファンドへの身売り」を提案する書簡を公開した。

富士フイルム、ゼロックス買収に暗雲…「クリエイティブな手法」が裏目にのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ゼロックス古森重隆富士ゼロックス富士フイルム物言う株主の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事