NEW

高松宮記念は前走敗退の「あの関西馬」が来る!人気落ちで高配当必至、陣営は自信満々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関西馬の情報を知り尽くす名伯楽・浜田光正氏

 プロ野球も開幕が迫り、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)も盛り上がりを見せるなど、日本中がスポーツで盛り上がっている。さらに、我々のテンションを猛烈に上昇させる“春の儲けどころ”がやってきた。

 競馬ファンだけでなく、日本中が注目するG1シーズンの開幕だ。

 日本中央競馬会(JRA)では、18日の高松宮記念を皮切りに、大阪杯、桜花賞、皐月賞、天皇賞(春)、NHKマイルカップ、ヴィクトリアマイル、優駿牝馬(オークス)、東京優駿(日本ダービー)、安田記念、宝塚記念と続く、春のG1シーズンが始まる。

 短距離路線はレッドファルクス、古馬王道路線にはシュヴァルグラン、サトノダイヤモンド、スワーヴリチャードなどが登場。そして桜花賞には4戦4勝のラッキーライラック、皐月賞にも4戦4勝のダノンプレミアムと、今年は実力と個性が伴った注目馬がズラリと揃った印象だ。

 昨年の代表馬・キタサンブラックが引退したことで、競馬人気もひと段落するかと思いきや、そんな雰囲気はまったくなく、連日競馬場には数万人を超えるファンが訪れ、芸能人や著名人も自らの予想を各メディアで披露して盛り上がっている。このように盛況な競馬だが、未体験という方も多いようだ。

「ギャンブルは嫌だ」「あまりお金を使いたくない」など、競馬をやりたくない理由は人それぞれだろうが、これほど心から熱くなれるレジャーはそうそうないだろう。

 単純に熱くなるだけなら、野球観戦もいいし、お酒を飲みながら大騒ぎをするのもいい。しかし、大事なお金をかける競馬には、人間の奥底に眠っている感情を引き出す効果がある。

 馬券が的中すれば、沸騰するような大興奮が体中を駆け巡る感動を味わえ、ハナ差で万馬券を取り逃すような不的中の場合、世界が破滅するかのような悲壮感に襲われる。その喜怒哀楽は多くの現代人に欠けているものであり、興奮や感動は仕事や人間関係のストレスを吹っ飛ばすのに最適でもある。

 すっきりしない日々を過ごしている人や、新たな興奮を求めている人は、ぜひこの春、競馬デビューをしてほしい。

 今週末に行われる第48回高松宮記念は、「春の短距離王決定戦」「電撃のスプリント戦」などと呼ばれ、1分8秒ほどで決着する1200mの短距離戦で、小細工なしの真っ向勝負が見られる注目のレースだ。レッドファルクス、セイウンコウセイ、レーヌミノル、スノードラゴン、レッツゴードンキといったG1ホースを筆頭に、ダイアナヘイロー、ファインニードルといった勢いのある馬が出走する。

高松宮記念は混戦模様

 同レースは、過去10年で1番人気馬が3勝のみと波乱含みの一戦で、今年もかなりの混戦模様となっており、逆に言えば好配当が見込めるのだ。とはいえ、簡単に的中できるようなレースではなく、競馬デビューするにはハードルが高いように感じるかもしれない。しかし、“最強の関西馬専門情報サイト”「チェックメイト」からの情報があれば話は別だ。

 競馬は東西で分かれており、東は茨城・美浦トレーニングセンター、西は滋賀・栗東トレーニングセンターにおいて、それぞれ厩舎があるが、ここ20年以上は関西馬が圧倒的な強さを見せている。たとえば、有馬記念は過去10年で関西馬9勝、関東馬1勝と、その差は歴然。そういった状況からも、関西馬情報を専門に集めている「チェックメイト」が注目されるのは当然といえよう。

「チェックメイト」がなぜ関西馬情報に強いのか。その理由は明白だ。「チェックメイト」は、栗東トレセンと目と鼻の先に本拠地を構え、名馬・ファレノプシスやビワハヤヒデなどを育てたG1レース7勝の名伯楽、浜田光正元JRA調教師や、騎手として日本ダービーを制し、調教師としてオークスを制する偉業を達成した清水久雄元JRA調教師など、業界で知らない者はいない超大物を筆頭に、多数の競馬関係者が在籍しているからだ。

 実際に、トレセンで活動しG1レースも勝利した調教師を中心に、さらに彼らの弟子や身内が現役で活動しているのだから、本物の関係者情報が「チェックメイト」に集まるのは必然なことだ。とはいえ、どれほどの実績を上げているのかが気になるところだ。関西馬情報は当たるのか、「チェックメイト」の実績を挙げてみる。

 まず、昨年秋のG1レースを見てみると、ホープフルステークスで3連単5万2380円、マイルチャンピオンシップで3連単5万5890円、ジャパンカップで3連単1万3340円、秋華賞で3連単1万4760円と、関西馬が勝利したG1レースの万馬券を数多く的中させている。

 2018年に入ってからも、中山牝馬ステークスで3連単5万360円、金鯱賞で3連単2万4410円をはじめ、注目の重賞を「勝負の関西馬情報」によって的中させている。

 これらの結果から、元JRA調教師を中心とした情報収集態勢、そして数々の万馬券を的中させた実績からみても、「チェックメイト」の関西馬情報がいかに秀でているかわかる。

 その「チェックメイト」によると、今年の高松宮記念も関西馬が強いようだ。

「高松宮記念は3年連続で的中させていますが、今年も『勝負の関西馬』情報を入手済みです。さらに、前走で敗退し人気落ちが予想される“ある関西馬”陣営の、『今回は上昇度が違う。まず勝ち負けになる(=勝てる)』という話も極秘入手しており、今年も関西馬で獲れるレースとなりそうです」

 このように、「チェックメイト」担当者は自信満々に語っている。

 今年の高松宮記念は出走予定馬の多くが関西馬で、それだけに関西馬情報の把握が欠かせない。その関西馬情報を、どこよりも的確に把握している「チェックメイト」の情報が重要なのは言うまでもないだろう。

「チェックメイト」担当者は、こう続ける。

「馬券で勝ちたいという方はもちろん、本当の関係者情報を味わってみたい、関西馬専門情報とは何か、とお考えの皆様へ。初めて当社の情報を利用される方々を対象に、高松宮記念の『3連単勝負買い目』を無料で公開させていただきます。

 今まで体験したことのない関西馬情報の濃密さをご覧いただき、関西馬情報は儲かるということ、そしてチェックメイトの関西馬情報で大きく儲かるということを実感していただければ幸いです。

 また、高松宮記念だけでなく、ワンコインから午前の資金づくりをサポートする『ワンコイン投資プラン』をレース前日に有料情報の一部を無料公開するなど、さまざまな情報を公開していますので、ぜひご覧ください」

 このように、「チェックメイト」は高松宮記念の勝負買い目を無料で提供するという。高松宮記念では過去3年連続的中、さらに昨年秋のG1レースや今年の重賞でも万馬券的中を連発させている「関西馬情報」を、無料で提供してくれるという。初心者が競馬デビューするにはベストなタイミングであり、ベテラン競馬ファンにとってもこの上ない朗報といえるだろう。

 今週末は「チェックメイト」が提供する高松宮記念の無料情報を使い、競馬デビュー、そして的中の感動と興奮を味わってもらいたい。
(文=編集部)

CLICK → 「無料公開 高松宮記念の3連単勝負買い目」チェックメイト

※本稿PR記事です。

高松宮記念は前走敗退の「あの関西馬」が来る!人気落ちで高配当必至、陣営は自信満々のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、G1セイウンコウセイレッドファルクス高松宮記念の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事