NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」【アプリ四季報 2017年10~12月】

「どうぶつの森」、世界的ヒットの本当の理由…意外なユーザー層?

文・構成=石徹白未亜/ライター

――16年から一転、17年はアニメ・声優といった“オタカラー”がなくなった『紅白』でしたね。

岡田 紅白アプリは、機能がどうというよりも出演者によって利用動向が左右されますね。

――ありがとうございました。

ゲーム依存は病気?WHOが認定へ

 世界保健機関(WHO)が、「ゲーム依存」を病気の世界的な統一基準である国際疾病分類(ICD)に盛り込む方針であることが年初に報じられた。それから間もなく、アメリカや日本のゲーム機メーカーやソフトウェア会社による業界団体「エンターテインメント・ソフトウェア協会」(ESA)がWHOの発表に異議を申し立てている。

 ESAによると、「ゲームは依存的なものではなく」、また「ゲーム依存を病気として定義することで、うつや社会不安障害といった精神疾患がささいなものと位置づけられてしまう」とあるが、言い分としては苦しい。

「ネット(ゲーム)依存だから、ネットやゲームをやめれば解決」という簡単な話でもないところが、依存の難しさだ。特に子どものネット依存では、問題の大元は家庭にあり、子どもは息苦しさからネットやゲームに“逃げている”ケースもある。

 子どもに限らず、何かから目をそらすためにネットやゲームをしている大人は多いはずだ。命綱がそこだけになった人から命綱を取り上げては反発しか生まれないだろうし、何より、何かから目をそらしてホッとする時間は、生きていくために必要だ。しかし、その時間が、日がな一日、そして1年中になっていったら、まずいだろう。また、時間が奪われることも長期的に見れば大問題だが、「課金」がやめられない苦しみは、今日明日の生活を直撃する。

 本当はやめたい(減らしたい)のにネットやゲームをやめられない人のために、WHOの取り組みに期待したい。
(文・構成=石徹白未亜/ライター)

【※1】
サイバーエージェントが提供しているサービス。アバターをつくり仮想空間で交流する。

【参考資料】
「どうぶつタワーバトル」ストアランキングで1位獲得!1週間で人気が急上昇したのはなぜ??』(App Ape Lab.)

任天堂、DeNA「どうぶつの森ポケットキャンプ」世界同時ヒット!!!各国ゲームランキング1位獲得』(App Ape Lab.)

ネットゲーム依存症、業界団体が反対声明 WHOに異議』(朝日新聞デジタル)

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』 時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。 amazon_associate_logo.jpg
『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』 「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第! amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合