NEW
相原孝夫「仕事と会社の鉄則」

急増する「子ども社員」が職場を壊す…公然と膨れっ面、ひたすら「待ち」状態

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 前回は、職場を壊す要因の一つとして、モンスター「役職定年」社員を取り上げた。今回は、同様に職場を壊す要因のうち、さらに多く見受けられる事象としての「子ども社員」について取り上げたい。

「子ども社員」とは子どものように幼稚化している社員のことである。昨今職場で多く見られる。パワハラ上司などは、他者への配慮に欠けているという段階で、すでにこの傾向がある。さらには、部下は会社から一時的に預かっている会社の資産であるにもかかわらず、まるで自分が自由に使える自分に与えられた道具のごとく考えているような上司は、完全に「子ども社員」である。

「子ども社員」がアメリカでも増殖中


「子ども社員」化という状況は、日本だけの問題ではない。米国でも、同様のことが問題になっている。米CBS Newsの記事『The rise of childish workplace behavior(職場での子どもじみた振る舞いが増加)』(Aug .20, 2015)の記事では、調査結果を基に、今、米国の職場では小学校で起こるような「子どもじみた行動の増加」が見られると伝えている。

 管理職2500人以上と労働者3000人以上を対象にしたこの世論調査には、愚痴や不貞腐れ、癇癪のような未熟な行動が、米国の職場で頻繁に目撃されているという結果が出ているとのことだ。回答者の4分の3以上が、同僚間で「子どもじみた行動」を目撃している。同僚の泣き言に遭遇した人は半数以上、物事が思い通りにいかなかったときに公然と膨れっ面をするのを見た人も半数近くいるという。

 4割以上が、同僚についての陰口を目撃しており、就業中に人の背後で嫌な顔をする同僚を見た人も3割いる。職場での排他的な派閥づくりや、同僚の悪い噂をふざけて流すことに遭遇した人も3割いる。

 さらに、怒ってその場を放り出したり、作業中に癇癪を起こしたり、オフィスの備品を同僚と共有することを拒んだりするケースも3割が目撃している。職場の行動に関する学術研究によると、このような礼儀に反した行為は不快なだけでなく、伝染性があって悪性の風邪のようにオフィスに広がることがわかっている。誰かがひとり子どもじみた言動を取ることで、それが職場全体に広がるのだ。

急増する「子ども社員」が職場を壊す…公然と膨れっ面、ひたすら「待ち」状態のページです。ビジネスジャーナルは、連載、リストラ子ども社員職場の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事