NEW

インスタ映え狙い?「日本一長い」スイーツ店、一部客から「私のインスタには上げない」との声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「LONG! LONGER!! LONGEST!!!」のトルネードポテト

 3月1日、“日本一長い!!フード&スイーツ専門店”を自称する「LONG! LONGER!! LONGEST!!!」が東京・原宿の竹下通りに誕生した。

メニューはソフトクリームなど4種、長さは各3段階

 同店のメニューはソフトクリーム、トルネードポテト、チュロス、わたあめの4種。それぞれに「LONG」「LONGER」「LONGEST」の3サイズ展開しており、「LONGEST」が運営会社によるところの“日本一長いフード”なのだという。

【ソフトクリーム】
LONG(30cm)500円/LONGER(34cm)600円/LONGEST(40cm)700円

【トルネードポテト】
LONG(35cm)500円/LONGER(42cm)650円/LONGEST(52cm)800円

【チュロス】
LONG(35cm)500円/LONGER(45cm)600円/LONGEST(55cm)700円

【わたあめ】
LONG(40cm)600円/LONGER(50cm)700円/LONGEST(60cm)800円
※価格はいずれも税込

 同店のなかでも最長なのがわたあめの60cmだが、次第に溶けていってしまうアイスクリームが40cmもあるというのは、食べながら焦ってしまうであろうことは想像に難くない。

 ちなみに、ソフトクリームは大阪アメリカ村で日本一長いソフトクリームをウリにしている「Long Softcream」とのタイアップ、チュロスは「CRAFT BIT DANNY CHURROS」から提供を受け、トルネードポテトは世界中で同商品を展開している「twistpotato-japan」から機材類の提供を受けており、複合コラボショップのビジネスモデルと言えそうだ。

 また同店は、巨大カラフルわたあめ店として原宿で人気を博している「TOTTI CANDY FACTORY」と同じ運営元ということもあり、トレンド感度の高い若者たちの“インスタ映え”需要を狙った店舗と考えていいだろう。

インスタ映え狙い?「日本一長い」スイーツ店、一部客から「私のインスタには上げない」との声のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、instagramLONG! LONGER!! LONGEST!!!インスタインスタ映えの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事